カスタマイズカー

すべてのクルマに「ワクワク」を
1号店誕生から35年、コクピットでは、タイヤ販売はもちろん、アライメント調整などを通してもクルマをいいコンディションで乗り続けていただけるように務めています。
エンジンやトランスミッションのオーバーホールはもちろんのこと、剛性アップを狙ったボディ補強など見えない部分にも手を加え、オーナーの繊細な感性に応える乗り味を実現します。

カスタマイズ事例

もっと見る

もっと見る

コクピットのカスタマイズ

スバル WRX STI & WRX S4の車高調

HA36S アルトワークスのマフラー交換

アルトワークスに搭載されるのは、最高出力64PS(47kW)、最大トルク10.2kgm(100N・m)を発揮するツインカムターボエンジン。過給器付きユニットを搭載するだけに、レスポンスアップを狙ってマフラー交換を行うユーザーは少なくない。また、純正マフラーは右側1本出しとなるが、バンパーに隠れてほとんど見えないから、存在感のある2本出しタイプや砲弾型をチョイスすればドレスアップ効果も期待できる。 アフターパーツメーカーもアルトワークス用マフラーを数多く手がけており、柿本改、フジツボ、HKS、BLITZ、トラストなどの主要ブランドのほか、スズキ車に強いモンスタースポーツもアルトワークスのマフラーを販売している。その中で人気なのが「柿本改 GT box 06&S」だ。エキゾーストノート、軽量化、品質、そしてスタイルなどマフラーに求められる要件にこだわったオールステンレスモデルで、力強い砲弾型のデザインや特殊コーティングによるチタンフェイスが高い支持を得ている。

page top

FacebookもチェックCOCKPITオフィシャルFacebookアカウント