ホンダS660の車高調

ホンダS660の車高調

ホンダS660の車高調

軽自動車という枠組みの中で誕生した、痛快ハンドリングマシン“ホンダS660”。スポーツカーのある楽しいライフスタイルを幅広いクルマ好きに届けるべく、魅力的なデザインをまとい、ミドシップ2シーターというパッケージングを採っているが、さらに自分好みに仕立てるためのアフターパーツも豊富にリリースされている。
そのうちホンダS660用の車高調は、足回りに強い主要なアフターパーツメーカーが手がけており、中でも性能と価格をバランスさせたCUSCOとTEINが人気だ。CUSCOは最適な乗り心地にセッティングされた減衰力固定モデルで、スポーティな走りとしなやかさを両立した「street」を用意。ロングストロークを実現するために、あえての全長固定ネジ式ショックアブソーバーを採用している。また、シャープなハンドリングを実現する「キャンバー調整式ピロボールアッパーマウント フロント」も組み合わせることができる。一方TEINは、全長調整/減衰力調整式のフルスペックモデルながらリーズナブルな価格設定とした「FLEX Z」が人気。街乗りなど日常使いの快適性能向上をポイントにチューニングを施しつつ、スタビリティを向上させることでワインディングまで楽しめる仕様だ。さらにネジ式/減衰力固定のベーシックモデル、「STREET BASIS Z」を選ぶこともできる。
このほか、HKSは全長調整式(リア)、単筒倒立式、減衰力前後30段調整の「HIPERMAX MAX IV GT」&「HIPERMAX MAX IV SP」をラインアップ。快適性重視ならば前者、スポーツ走行も視野に入れるなら後者がおすすめ。また、BLITZは全長調整式、単筒式、減衰力32段調整の「DAMPER ZZ-R」を設定。リアのキャンバー角を調整可能にする「リア用ピロアッパーマウント」を組み合わせることが可能だ。
さらに、RS-Rは「Sports-i」、「Best-i」で対応。BILSTEIN B14、OHLINS DFVといった海外メーカーのモデルにも設定があり、これに加えてホンダ車のスペシャリスト SPOONは街乗り、ワインディング、サーキットなどあらゆるステージに対応する「FULL SPEC DAMPER KIT」を販売している。

page top

FacebookもチェックCOCKPITオフィシャルFacebookアカウント