TEL
054-644-2445
AM10:30~PM7:00(作業受付 18:00まで) / 定休日:水曜日
冬の大抽選会

タイヤの使用年数

2018年6月25日

・ クルマの運転は近場しかしない

・ 週末しか乗らない

 

確かに距離を乗らなければ、タイヤの溝は減らないんですが、 "ゴム" は硬化していきます・・・

 

では、ゴムが硬化するとタイヤはどうなるかご存知でしょうか?

初期の症状としては "ヒビ割れ" が発生します。

そのヒビ割れた箇所から雨水がタイヤの骨に当る 『コード』 という箇所に浸透し、次第にゴムが剥離してしまう恐れがあります。

 

その状態でタイヤを使用しますと、バーストを誘発する可能性が高くなります・・・

 

下記の画像がその一例になりますが、タイヤの製造されたのが 「2001年 34週」 と刻印されています。

 

つまり、一つのタイヤを約16年以上使用していた事になります・・・

 

そして、「溝があるから!」という事で使用し続けていたら走行中(一般道)に 「爆ぜた・・・」 との事です。

 

 

 

走行中のバーストは自分自身も危険な目にあう事が想定されますが、他者を巻き込んでしまう恐れもあります。

 

これから梅雨明けがあり、暑い時期を迎えます。

暑い時期はタイヤのトラブルも増えてきます・・・

 

ご自身の乗られているお車のタイヤ、今何年使用されていますか?

日本のタイヤメーカーのモノですと、使用状況、お手入れの仕方にもよりますが、使用耐久年数の目安が最大でも4~5年になります。

 

当店ではいつでもタイヤの 無料点検』 を行なっています。

気になる方はいつでも当店にお寄り下さい。

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2021年9月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930