TEL
054-644-2445
AM10:00~PM7:00 / 定休日:水曜日

間違ったタイヤの選びかた

2017年6月13日

車選びの際に "燃費" って考えますよね?

では、タイヤ選びの時に "燃費" って考えてますか?

車が昔に比べて、性能が進化している様に、タイヤも進化しているのです。

が、新車から装着されているタイヤを交換する時に、タイヤのグレードを下げてしまい、「燃費が落ちた・・・」、

「ハンドル操作が重くなった・・・」等の相談に来る方がいらっしゃいます。

交換する際に価格の事しか説明しないお店もあり、グレードを下げる事(価格の安いタイヤ)でのデメリットを

説明されていないが故に、装着した後になって「あれっ?」と感じる方がいるんです。

今はどこのお店でも海外製の安いタイヤを取り扱いをしていますが、日本製と比べて

 ・寿命が短くなる → 減りが早い

 ・タイヤからのノイズが大きくなる  → 乗り心地悪化

 ・燃費の悪化 → 抵抗が増え、操作が重くなる

といった性能低下がみられる場合があります。

当店では、現在装着されているタイヤ、お乗りの車の性能を確認をさせていただいた上で

タイヤの提案をさせていただいています。

間違ったタイヤ選びで共通して言えるのが 、「安いタイヤ下さい」です。

当店でもそういったお客様もご来店されますが、グレードダウン(安いタイヤ)を選んだ場合のデメリットを

お話すると、「タイヤでそこまで影響するの?」って驚かれます。

 

最近の事例ですと、ダイハツ タントにお乗りの女性が、昨年の9月にタイヤを交換(某店で海外製のタイヤ)、

GSに給油しに行った際に、店員さんから「タイヤ、危ないですよ!」と言われ、そこで初めて自分の買ったタイヤが

海外製だという事に気がついた・・・

(GSのお見積りが高いと思って当店にご来店され、上記のお話が聞けました)

そして、当店で車に合ったタイヤをご購入いただきました。

 

皆さんは、ご家庭でのTV、冷蔵庫、エアコンを購入する際にまずは日本製を選択すると思います。

それは、性能がちゃんとしてて、壊れにくい!というイメージがあるからだと思います。

 

タイヤは車を支えているモノですが、走行中に不具合が出たら「危険・・・」と感じませんか?

せっかく燃費のいい車を選んで買ったのに、タイヤ一つでその燃費が悪化したらもったいないと思うはずです。

 

一度購入して取り付けたタイヤは簡単には換えられません・・・ (新しく買い直す以外ないんです・・・)

後悔しないタイヤ選びをお手伝いするのが専門店です。

タイヤの事なら何でもご相談にいらしてください。

 

記事検索
  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2017年6月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930