TEL
0765-22-8122
AM9:30~PM7:00 (日・祭日はPM6:00まで) / 定休日:火曜日

危ない状態!

2019年5月15日

 

ある日、タイヤのサイドがポッコリふくれてきたのに気付いたそうです。

 

もちろんそうなってしまうとタイヤは使用不可になっているので、新しいタイヤを用意してバラして中を見てみると...

黄丸が何か刺さってパンク修理した痕です。外側から直してあるようです。

しかしながら当然タイヤ内部を確認しないで修理完了!となっているわけです。

恐らく長めのクギか何かが刺さってタイヤがつぶれたまま走行・サイドを傷つけたって感じですね。

 

ポッコリふくれて気付いたから良かったものの、突然のバーストが起こっていたら大変な事でした。

ちゃんと内部を確認した上でパンク修理しないと...ですね。

昔、同じように外側から直したケースがあって、その時はまさかのクギがささったままでした。驚きです。

 

もちろん当店は内面修理オンリーです。ご安心ください。

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2019年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031