TEL
088-863-5504
平日・日曜・祝日 09:30~19:00 / 定休日:9月4日・10日・11日(連休)・18日・25日

「全く別物ですやん!(・_・;)」オーナーの第一声はこんな感じでした!

2019年9月10日

 

 

 

 

 

本日ご紹介するのは、

 

7月のPCM(ポテンザ サーキット ミーティング)にも行かれていた、

 

インプレッサ  WRX STI(GRB)にお乗りの“超”常連さん(^-^)

 

今回は、以前から気になっていた車高調の異音が、最近ちょっと大きくなってきたので

 

約50000kmの走行距離も考慮し、ついにオーバーホールを決断されました。

 

ちなみに装着していた車高調は、以前ご購入いただいたクスコの単筒式車高調

 

「CUSCO SPORT ZERO-3S」(現行のSPORT Sと同じタイプです)

 

まずは車両から取り外し、分解しながら各部を細かくチェックしていきます。

 

 

 

 

 

その結果、少しガタの出ていたフロントのピロボールや、

 

 

 

 

 

ひび割れたゴムのアッパーシート、

 

 

 

 

 

ゴムが偏っていたリアのロアブッシュや、

 

 

 

 

 

リアのアッパーマウントブッシュなども、同時交換となりました。

 

 

 

 

 

ちなみに、この時点でしっかり点検していないと、

 

あとで部品がダメになった時は、再度分解したり、アライメントの再調整が必要になったりと、

 

お客様に金額的な負担も生じますので、

 

実はこの点検、長年の経験が試されるとっても重要な作業なんですよ!

 

そんな点検と分解が全て終わると、

 

 

 

 

 

シートやブラケット位置などを全て記録して、やっとダンパー単体の状態になりました。

 

 

 

 

 

あとはクスコさんに送って、

 

“一流エンジニアさん”に、こだわりのオーバーホールをしてもらいます!(^-^)

 

そんなオーバーホールを頼んでいる間に、お店では追加注文のパーツを取り付けていきますが、

 

追加で取り付けるのは、ハッチバック車の弱点を補強する

 

「クスコ パワーブレース リヤエンド」

 

 

 

 

 

スバル車を知り尽くしたSTIが、レースを通じてその性能を実証した

「STI リヤアンダースポイラー」

 

 

 

 

 

ちなみに取りつけの方は、まずリヤバンパーを外し、

 

 

 

 

 

パワーブレースを取り付け、

 

 

 

 

 

最後にアンダースポイラーを取り付けると、サクサクっと完了!のはずが・・・

 

箱を開けて説明書を読むと、

 

「これ同時装着無理ですやん!」という事実が発覚!(T_T)(T_T)(T_T)

 

でもご安心ください!

 

そこはいつもの加工を“大量に”ほどこし(汗)、なんとか同時装着できましたよ!(^-^)

上ー装着前 下ー装着後)

 

 

 

 

 

 

 

そんな加工作業が終わると、

オーバーホールを終えたダンパーが、ついにクスコさんから到着!

 

 

 

 

 

そこから、新品のアッパーシートやブッシュを使って、

 

 

 

 

 

(この二つ、同じものなんですよ!)

 

 

 

ブラケットなども、キレイにお掃除しながら、

(上ーお掃除前 下ーお掃除後)

 

 

 

 

 

 

新品のピロボールや、

 

 

 

 

 

新品ブッシュに交換したロアブラケットを組み込み、(あ!ピントが・・・(>_<)

 

 

 

 

 

以前と同じ寸法で各部を組み付けると、

 

 

 

 

 

やっと元通りの形になって完成です!

 

 

 

 

 

 

 

そして最後の仕上げは、当店こだわりの「匠アライメント」

以前クスコのエンジニアさんに教えてもらったGRB㊙データを駆使し、

GRBの特性を活かした、こだわりのセッティングに仕上げましたよ!

 

 

 

 

 

そんな感じで全ての作業が終わったので、オーナーにも来店していただき

 

とりあえず以前と同じ減衰力の位置で、試乗してもらったんですが、

 

気になるオーナーの第一声は・・・

 

「朝子さん、これ全く別物!(・_・;) 」

「同じダンパーと思えないぐらいしなやかで、異音も全て消えてる!(・_・;)」

 

と、大満足の様子!(^-^)

 

新品時よりしなやかになった理由は?

 

アサブロファンなら、もちろん分かりますよね?(^-^)

 

今回のようなオーバーホール可能なダンパーは、少しお時間はかかるものの

 

作業後は、今回のように乗り心地や足の動きが劇的に変化します!

 

ダンパーは、毎日少しずつ少しずつ性能が低下していくので、

 

特に毎日乗られているオーナーは、その変化が分かりにくいんですが、

 

定期的なオーバーホールを施すことで、作業時の交換部品も少なくなり、

 

結果的にはお財布にも優しい事になります。

 

ほとんどのオーバーホール可能なメーカーだと、オーナーに合わせた仕様変更も可能ですので

 

「この車高調、だいぶ前に買ったんだよね~」

 

「俺だけのセッティングに変更したい!」

 

なんて方は、当店までお気軽に相談して下さいね(^-^)

 

今回は完成まで大変お待たせして、本当に申し訳ありませんでした。

 

以前より熱い走りが可能になったGRBで、来年のPCMは「R○-8」を抜きましょうね!

(個人的にも全力でサポートさせていただきます(^-^))

 

今後とも末長くよろしくお願い致します。

 

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930