TEL
088-863-5504
平日・日曜・祝日 09:30~19:00 / 定休日:10月3日・9日・10日・17日・24日・31日

"あの"アバルト124スパイダー(NF2EK)が続々進化中!

2018年5月10日

 

 

 

 

本日ご紹介するのは、以前レカロ スポーツスターなどをご購入いただいた

 

アバルト124スパイダー(NF2EK)にお乗りの常連さん。

 

 

 

 

 

取り付けたレカロシートの恩恵で、しっかりとホールドしてくれるようになったんですが、

 

そうなると気になるのが、万人向けに作られた純正のビルシュタインダンパー(>_<)

 

 

 

 

 

そこで、オーナーといろんなメーカーを探しに探した結果、最後にチョイスしたのは

 

ロードスターと重量の違う、124スパイダー専用にチューニングされた

 

「オーリンズ DFVダンパー」←詳しいスペックはこちらをクリック!

 

 

 

 

 

さらに今回は、あえてスプリングレスモデルを選び、

 

しなやかな乗り心地で当店でも人気の高いスプリング

 

「HYPERCO(ハイパコ)」を組み合わせます。

 

 

 

 

 

ちなみに作業の方は?といいますと、

 

作業中にキズが付かないように、純正ブレンボキャリパーにもしっかり養生しつつ、

 

 

 

 

 

NDロードスターと同じ構造なのでサクサクッといく予定が、

 

すでに装着されていたフロントタワーバーとのマッチングがうまくいかず、

 

そのままでは装着できない状態・・・(T_T)

 

でも、オーリンズにこだわられていた、オーナーの希望を叶えるべく、

 

地道な加工でなんとかクリアしました!

 

 

 

 

 

そしてリアの方は、作業前に追加でご注文いただいた

 

「オートエグゼ フロアクロスバー」を同時取り付け。

↑↑↑その優れた効果はこちらをクリック!

 

 

 

 

 

多くのメーカーのリアタワーバーは、2点支持タイプが多いんですが、

 

このフロアクロスバーは、両方のストラットとフロアを固定しますので、

 

その効果には私も期待大なんです!

 

でも取り付けの方は少々大変でして・・・(汗

 

まずは取付前に内装を全て外し、

 

 

 

 

 

まずはフロアクロスバーとオーリンズダンパーを組み付け。

 

 

 

 

 

こんな感じでフロアとしっかり固定されます。

 

 

 

 

 

そこからあとは、ひたすら内装加工との闘い!

 

型紙は付いているんですが、できるだけ格好良く取り付けたかったので、

 

こちらも地道に、ちょっとずつちょっとずつ加工して、やっと完成しました。

 

 

 

 

 

ちなみにオーリンズダンパーのリア減衰調整部は、こんな延長ケーブルが標準装備ですよ。

 

 

 

 

 

そしてここまで出来上がると、アームがたくさんあるマルチリンクのローダウンには必須の

 

「1G締め付け」を行ってから、

↑↑↑詳しい内容はこちらをクリック!

 

 

 

 

 

最後の仕上げに「匠アライメント」を施工。

 

 

 

 

 

そしていよいよ最後の試乗に出かけ、減衰力のセットを細かく行ったんですが、

 

完成後の率直な感想は、

 

街乗りでは少し硬めながら不快な感じはなく、純正に比べてクイックなハンドリングに変化し、

コーナーでも路面に追従してくれるので、運転しててメッチャ楽しい♪

オープンにして海辺を走っているところを想像すると、夜も眠れなくなります(^.^)

 

こんな感じでオーリンズの取り付けは終わりましたが、

 

オーナーのカスタマイズ魂は、これだけでは終わりません!

 

続編は明日のお楽しみに♪

 

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031