TEL
088-863-5504
平日・日曜・祝日 09:30~19:00 / 定休日:8月1日・8日・12~15日・22日・29日

"あの"アバルト124スパイダー(NF2EK)続編!

2018年5月11日

 

 

 

本日ご紹介するのは、昨日オーリンズダンパーの取り付けをご紹介した

 

アバルト124スパイダーの続編。

 

 

 

 

 

まずはオーナーが気になっていたという、エアクリーナーから取り付け開始!

 

チョイスしたのは、今年新発売になったばかりの

 

「Gruppe M  INDUCTION BOX」

 

 

 

 

 

まずは説明書をよく読み、借り組みしてから

 

 

 

 

 

こんな大きめの純正エアクリーナーを外し、

 

 

 

 

 

 

あっという間に完成!

ちなみにこのクリーナーキットは、熱気をさえぎるレッドアルマイトのヒートシールドも標準装備なので、

鮮やかな見た目とパワーの両立が可能ですよ!

 

 

 

 

 

 

さらに追加で、こんな凸凹な形状の純正サクションホースも、

 

 

 

 

 

ストレート構造のシリコンホースに交換。

 

 

 

 

 

 

2つの相乗効果で、吸入効率の大幅アップは間違い無しですぞ!

 

 

 

 

 

そんなクリーナーの取り付けが終わると、

 

今回オーナーが一番楽しみにしていた、ハンドルの取り付け。

 

ちなみにハンドルと言っても、2~3日で到着する既製品とは全く違い、

 

オーナーが全てデザインして製作する、世界に1本のハンドルなんですよ!( ・_・;)

 

そんな特別なハンドルを製作していただくのは、

 

以前に何度もお世話になった、レザー加工のプロ集団「ロブソンレザー」

 

その素晴らしい匠の技術は何度も見ているので、今回も安心してお任せできます♪

 

ちなみに製作までの流れを簡単にご紹介しますと、

 

まずはこんな純正ハンドルの各部を採寸し、

 

 

 

 

 

その細かい計測データをもとに、

「握りの太さは?」

「レザーの種類は?色は?」

「デザインは?」

「ステッチは?」

 

などなど、オーナーとロブソンさんの間に私が入って、順番に決めていきます。

 

そして全てのことが決まると、いよいよ正式オーダー!

 

あとは待って、待って、待っていただくと・・・・・(汗、

 

ついにこんな感じで到着しました!(^.^)

 

 

 

 

 

ちなみに今回オーナーがイメージしたのが、アバルトのエンブレムにも入っている

 

赤・白・緑のイタリア国旗、トリコローレ!

 

 

 

 

 

まず赤は上部に配置し、白はその中にワンポイント。

 

 

 

 

 

 

さらに緑を下部に配置し、あえて濃い緑にする事で上部の赤を引き立てます。

 

 

 

 

 

そして一番握る両サイドのグリップ部分は、通気性に優れたパンチングのブラックをチョイス!

 

 

 

 

 

こうして説明しているうちに、私もドキドキしてきたので早速取り付けてみると・・・

 

オーナーが想像していた通りの、抜群のマッチングで完成!

ちなみにグリップの方も、オーナーご希望の純正より少し太めになりましたので、

最初に握られた時には「これよこれ!」って感じで、

デザインも含め、大満足されていましたよ!(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、今回の「アバルト124スパイダー カスタム増強計画?」は全て終了!

 

ちなみに初めてオーナーとお会いしたときに比べると、

 

カスタムが進むたびに愛着が深くなっているのが、ヒシヒシと伝わってきます。

 

本当のクルマ好きって、たぶんそんな感じなんですよね(^.^)

 

これからも大好きな124スパイダーを、大切に大切に乗ってあげて下さいね♪

 

今回はいろいろとお買い上げいただき、本当にありがとうございました。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

  

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031