TEL
088-863-5504
平日・日曜・祝日 09:30~19:00 / 定休日:11月7日・13日・14日・21日・28日

乗り心地まで左右する200系ハイエースのバンプストッパーを交換!

2018年11月6日

 

 

 

 

 

本日ご紹介するのは、

 

先日、足回りの相談で初めてご来店いただいた、200系ハイエース(KDH201V)のお客様。

 

 

 

 

 

そんな相談内容を詳しく聞いてみると、

 

「ローダウン時に取り付けたバンプストッパーに、亀裂が入ったので交換したい!」

 

とのことでした。

 

そこで、

 

バンプストッパーの作動原理や求められる性能を詳しくご説明し、ご購入いただいたのは、

 

当店で200系ハイエースのローダウン時には必須となっている

 

「Gemb ストロークストッパー」

 

 

 

 

 

ちなみに、これが「バンプストッパー(縮み側)」

 

 

 

 

 

そんなバンプストッパーの作動ポイントを、

プレートの組み合わせで自由自在にできる「アジャストプレート」

 

 

 

 

そして最後は「リバンプストッパー(伸び側)」

 

 

 

 

 

以上3点を使って、早速交換していきます。

 

そこからリフトアップして作業を開始したんですが、

 

こんな感じで、パンプストッパーにはヒビ割れが発生しており、(下画像は縮み側)

 

 

 

 

 

点検時にはヒビ割れだけだった伸び側の方は、

リフトアップしただけで粉々になっちゃいました( ・_・;)

(通常はリフトアップしても潰れるだけです)

 

 

 

 

 

そこから全て取り外し、Gembの3点に交換。

 

ちなみにGembのバンプストッパーには、

 

こんなアームの形状に合わせたプレートが付属しますので、

 

地面からの衝撃を、より良い角度で、より広く受け止められるんですよ!

 

 

 

 

 

 

 

そして、今までの経験からダウン量を考慮し、

先ほどご説明したアジャストプレートで、作動ポイントをしっかりと調整。

ちなみに交換後のバンプストッパーは、こんな感じになりました。

 

 

 

 

 

こちらは交換後のリバンプストッパー

(さっきと違って、しっかり潰れてるでしょ!)

 

 

 

 

 

全体図

 

 

 

 

 

そして全てが完成すると、いよいよお楽しみの試乗タイム♪

 

ちなみに交換前にも、比較のために試乗させてもらってたんですが、

 

交換前は段差を越えた時に、伸び側&縮み側とも動きが大きく

 

簡単に言うと船に乗っているような感じでしたが、

 

交換後は、体感できるぐらいボディの上下の動きが少なくなり、

 

直線時でもかなり乗りやすく、快適な仕様に変化しましたよ!(^.^)

 

200系ハイエースは、手軽にブロックのみでローダウンされる方が多いんですが、

 

フロントのトーションバーを緩めて、とりあえず薄いだけのバンプストッパーに交換すると

 

足の動く量が純正以上になってしまいます。

 

今回取り付けたバンプストッパーやダンパー、

 

さらにタイヤまで含めたトータルバランスを考慮してパーツをチョイスすると

 

驚くほど快適なハイエースに激変しますよ!

 

逆に、驚くほど不快な乗り心地の方もたまにいますので、

 

乗り心地にお悩みの方は、ぜひお気軽に相談して下さいね(^.^)

 

今回はお買い上げいただき、本当にありがとうございました。

 

今後とも末永くよろしく御願いいたします。

 

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930