TEL
088-863-5504
平日・日曜・祝日 09:30~19:00 / 定休日:11月7日・13日・14日・21日・28日

本物は人を魅了する! BBS RE-X 21インチをC-HRに取り付け

2018年11月4日

 

 

 

 

「ヨーロッパのように、車は文化であってほしい!」

 

カーショップで働き始めた20代前半から、そう思い続けている私ですが、 

 

むか~し昔その昔、日本車の純正ホイールは、ほとんどが鉄ホイールばかりで、

 

インチやデザインに関わらず、アルミホイールに交換する事がステイタスだったそうな・・・。

 

でもそこから時は経ち、

 

「どのホイールよりも軽く!」「どのホイールよりも強く!」「誰よりも格好良く!」

 

そんな新しい価値観が芽生え始め、物があふれる昨今では、

 

その傾向が、より強くなっていると思います。

 

本日ご紹介するC-HRにお乗りの常連さんも、

 

そんな思いを代表する一人。(^.^)

(今回のC-HRカスタマイズ内容はこちらをクリック!)

 

 

 

 

 

 

ちなみに今回のカスタマイズは、モグリ以外のクルマ好きなら誰でも知っている、

 

世界を代表する鍛造ホイールメーカー「BBS」のラインナップの中から、

 

新時代のSUV用として開発された「RE-X 21インチ」をチョイスしました!

 

おっと! そんな説明をしている間にも、早速商品が入荷しているじゃないですか!?( ・_・;)

 

 

 

 

 

オーナーは根っからの「いられ(せっかち)」なので、すぐに組み付けていきましょう!(^.^)

 

※ここでセンター試験に出るかもしれない土佐弁講座(^.^)

上司からの土佐弁 「あの人は“いられ”やき、早うホイールを組んじょき」

上司からの標準語 「あの人はせっかちだから、早くホイールを組み付けておきなさい」

(詳しくはシャコタン○ギで勉強してください!)

 

さて、そんな土佐弁講座は無視しつつ・・・(^_^;)

 

私もドキドキしながら、ついに箱を開封!

 

オーナーより先に商品が見られるのは、この仕事の特権なんですよ!(^.^)

 

 

 

 

 

そこから低偏平タイヤには超オススメの、空気圧の自然減少を防ぐチッソガスを充填。

 

当店は誰もが知っての通り、街のタイヤ屋なので(汗)、

 

大口径タイヤもサクサクッと組み付けちゃいますよ!(^.^)

 

そしていよいよC-HRに取り付けたら、

 

いつもの「匠アライメント」で、フェンダーとのクリアランスを細かく調整。

 

 

 

 

 

キャンバーボルトやキャンバーアームを駆使したので、かなり時間がかかりましたが、

 

オーナーも大満足の仕上がりになりましたよ!!!

 

そして、いよいよ完成した新生C-HRはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもなら、ここから細かい説明をするんですが

 

今回はあえて何も説明しません。

 

だって、人を魅了する本物の創作物に説明はいらないから・・・

 

「BBSは高い」

 

これは20年以上前から、店頭でよく聞く言葉ですが

 

私がお客様に一つ言いたいのは、

 

「原価が2千円の商品を、9千円で販売することは可能ですが、

 原価が1万円の商品を、9千円で売ることは一般的に無いですよね?」

 

BBSホイールには、それだけのコストと手間を積み重ねた、

 

最高の技術と造形美が凝縮されています。

 

「ドライバーの人生に寄りそう、一生に一度のホイールをつくりたい」

 

これはBBSのカタログに書いてある言葉ですが、

 

今回装着されたC-HRのオーナーには、その本当の意味が分かるかも知れません。

 

今回もお買い上げいただき、本当にありがとうございました。

 

今後とも宜しくお願い致します。

 

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930