TEL
088-863-5504
平日・日曜・祝日 09:30~19:00 / 定休日:11月7日・13日・14日・21日・28日

足回りをリフレッシュすると、やっぱりスカGでした!

2018年3月30日

 

 

本日ご紹介するのは、いつも大変お世話になっているER34スカイラインの常連さん。

 

 

 

 

 

先日、私がギックリ腰になったというブログを見るやいなや、

すぐに大量のホッカイロを持ってきてくれる、心優しいオーナーなんですよ!(^.^)

 

 

 

 

 

ちなみに今回は、近日サーキットデビューするということで、

 

足回り関連のフルリフレッシュも兼ね、いろいろとカスタマイズしてみました。

 

まずはサーキットでのロール(横揺れ)を抑制するために、

 

「NISMO(ニスモ) スタビライザー」を前後で装着!

 

 

 

 

 

 

こんな感じで完成すると、ハードなコーナーリング中でも傾きが少なく、

安心して踏んでいけますよ~!

フロント

 

 

 

 

リア

 

 

 

 

 

さらに、10万㎞越えで劣化していたブッシュの方は、

 

当初ブッシュの打ち替えを検討されていたんですが、

 

アーム本体のサビやボールジョイントの劣化なども考慮して

 

クスコやニスモのリンクへ全て交換。

 

まずは、フロントの加速時やブレーキング時のアライメント変化をおさえるために、

 

当時の日産車には定番の「クスコ ピロテンションロッド」を取り付け。

 

 

 

 

クスコのピロボールは大きいサイズのピロを使っているので、

長期間安心して使えます。

 

 

 

 

 

ちなみに調整部には、いつもと同じくサビ防止スプレーを塗って取り付けますよ!

(あ!ミドリ・・・( ・_・;))

 

 

 

 

 

 

 

そして、同じくフロントのアッパーアームには、

キャンバー角(ハの字の角度)が4段階で調整可能な

 

 

 

 

 

「クスコ ネガティブアッパーアーム」を取り付け。

今後サーキットでコーナーリング速度が上がってきた時でも、

その都度、適切なキャンバー角に調整が可能です!

 

 

 

 

 

 

そしてフロントセクションの最後となるロアアームには、

「NISMO トランスバースリンク」をセット。

これでフロントセクションは完璧です!

 

 

 

 

 

こんな感じでフロントが終わると、お次はリアセクション。

 

リアキャンバーを自由自在に調整可能な

 

「クスコ 調整式リアアッパーアーム」はもちろんのこと、

 

 

 

 

 

 

フロント側のアッパーアームとAアームには、「NISMO(ニスモ)」をチョイス!

 

 

 

 

 

 

ちなみにこのAアーム、純正と比べると補強も入っており、

走行中のアームのねじれによるアライメント変化も、しっかり抑えてくれますよ!

 

 

 

 

 

 

 

その他にも、交換中にガタを発見したフロントのスタビリンクや、

 

 

 

 

 

ゴムがかなり劣化していたリアのスタビリンクブッシュも、

純正部品で同時交換させていただきました。

 

 

 

 

 

これらのアームの交換を全て終えると、ブッシュやリンクの性能を100%発揮させるために

「匠アライメント SPLコース」でオリジナルセッティングに調整。

今回取り付けしたパーツを活かすためにも、アライメント調整は最重要項目なんですよ!

 

 

 

 

こんな感じで、すっかり夜も更けて完成したんですが、

 

オーナーからはさらなる追加パーツの発注が・・・( ・_・;)

 

気になるその内容は、明日に続きます(^.^)

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031