TEL
088-863-5504
平日・日曜・祝祭日 09:30~19:00 / 定休日:10月4日・10日・11日・18日・25日

プリウスPHVをもっとスポーティーに♪

2017年8月5日

 

 

先日行っていた、四万十川の周辺からいつもご来店いただいている、

 

プリウスPHV(ZVW35)の常連さん。

 

今回は「走行距離が10万㎞を越え、段差を越えたときにフワフワした動きになった!」

 

ということで、足回りのご相談をいただきました。

 

ちなみにご要望を聞いてみると、

 

「地元は段差が大きいので、車高は落としたくない。でも硬さは自分好みに調整したい!」

 

とのこと。

 

そこで今回は、車高を決めるスプリングはノーマルを再使用し、

 

乗り心地や走りを決めるダンパーのみ交換することに決定!

 

ご予算、希望の走りを吟味した結果、今回のオーナーにピッタリの

 

「KYB Extage(カヤバ エクステージ)」をチョイスしてみました。

 

 

 

 

ちなみに、このダンパーを知らない方も多いと思うんですが、

 

名門のダンパーメーカーKYBが数々のテストを行い、車種に合わせたこだわりの乗り味を追求したダンパー。

 

減衰力も32段階の調整があり、お値段も海外メーカーに比べるとかなりリーズナブルなので、

 

個人的にはお得感満載のオススメダンパーです!(^.^)

 

さて取り付けの方は、10万㎞の走行で劣化したアッパーマウントなどの純正部品も交換し、

 

 

 

完全リフレッシュ状態で作業開始!

 

まずはフロントのワイパー下にあるカバーを全て外していきます。

 

 

 

 

この部分を外せば、あとはサクサクッと順調に進行!

 

フロントはこんな感じで完成し、

 

 

 

リアもこんな感じで仕上がりました!

 

 

 

ちなみにリアの減衰力調整部は、ロッド先端がカバーに当たって加工が必要な感じだったんですが、

 

ロッドの突き出し量を少し調整し、以前と同じように装着できました(^.^)

 

 

 

 

そして最終仕上げは、「匠アライメント」でオーナー仕様に変身!

 

 

 

最後にオーナー自ら試乗していただきましたが、走行後にいろんな感想を聞き、

 

通常のプリウス推奨減衰力から、PHVに合わせて調整させていただきました。

 

この基本となる減衰力のセットが決まっていると、あとは好みや走りに合わせてオーナー自身が調整可能!

 

その道しるべを作るのが、私達のお仕事なんですよ!(^.^)

 

新車以上の走りをGetした今回のプリウスPHV。

 

後日インプレッションも教えてくださいね(^.^)

 

今回もお買い上げいただき、本当にありがとうございました。

 

今後とも末永くよろしくお願いいたします。

 

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031