TEL
088-863-5504
平日・日曜・祝祭日 09:30~19:00 / 定休日:6月7日・13日・14日・21日・28日

ラフェスタのリア偏摩耗対策!数字を合わすだけがアライメント調整ではありません!

2017年6月10日

 

先日久しぶりにご来店いただいたのは、数年前にラフェスタへ乗り換えられたという常連さん。

 

今回は「リアタイヤ内側の偏摩耗がひどいのでどうにかして・・・」とご相談がありました。

 

ちなみにラフェスタに乗り換えられてからは、今回が初めてのご来店だったので、

 

詳しいカスタム内容や事故の前歴などを聞いてみると、

 

「フルノーマルで無事故車」とのこと。

 

とりあえず現状を把握するために、まずはアライメントを測定してみました。

 

そして測定したリアの数値を見てみると、全てメーカー基準値内の数値で、

 

正常な状態を表すグリーンが点灯。

 

 

ただ・・・・・

 

今回測定したラフェスタのリアキャンバー値(ハの字の角度)は、画像赤丸で分かるように

 

左リア「-01°42’」  右リア「-01°49’」

 

基準内の値ながら、一般的なお車のローダウン時以上となる、

 

かなりネガティブ(ハの字が強い)状態なんです

 

でも、たぶんこの状態を見た一般的なお店なら、

 

「メーカーの基準値内なので、問題ありません。ほら、ここがグリーンに点灯してるでしょ?」

 

と言われるところなんですが、今回オーナーからご相談いただいた内容は

 

「リア内側の偏摩耗」

 

こんなお悩みをなんとかするのが

 

「35年の歴史で培ったコクピット匠アライメント」なんです!(^.^)

 

そこで、通常はリアキャンバーの調整機能が無いラフェスタのために、

 

リアのアッパーアームを「アムテックス キャンバー調整式リアアッパーアーム」に交換。

 

 

 

 

 

ちなみに純正と比較すると、こんな感じなんですよ!

 

 

そんなキャンバーアームを取り付け、再度アライメントを測定してから調整へ。

 

「走りを犠牲にせず、内側の偏摩耗を防ぐ」ために、オーナーとも相談して

 

リアキャンバーを「-01°00」に調整しました。

 

 

 

ちなみに今回調整したこの値でも、来店時と同じメーカー基準内の数値。

 

同じ基準内でも、タイヤの摩耗状態はあきらかに変化するはずです!

 

今回のように、フルノーマルでも内側偏摩耗するお車は他にもあるんですが、

 

頻繁に交換しないといけないタイヤ代は、オーナーにとってかなりの痛手(T_T)

 

「数字を合わすだけじゃなく、オーナーの走りとご要望に合わせるのがコクピット流」

 

匠のいる全国のコクピットなら、今回のようなお悩みも解決しますよ~(^.^)

 

今回は何度もご来店いただき、本当にありがとうございました。

 

今後はタイヤ代の負担も軽くなると思いますので、次回はPOTENZAでお待ちしております(^.^)

 

今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

 

記事検索
  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2017年6月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930