TEL
072-432-1818
9:00~18:30 / 定休日:毎週水曜および第2火曜日定休

MARK X G's(GRX130) マフラー交換

2021年12月26日

本日は待ちに待った、それはもう待ったマフラー交換です。

というのもオーダーは11月の下旬に頂いていて、オーダー時の納期は12月初旬でした。

が、しかし納期変更の連絡を受け、年末に入荷となりました。

結果、1か月待って頂いた形になってます・・・

 

そんなに待って頂いて、到着したマフラーがコチラです。

『柿本 Class KR』です。

オールステンレスで、各部の仕上げも高品質で申し分ありません。

テールエンドはヒートグラデーションなので、純正と同じ4本出しマフラーですが、見た目の印象はかなり変わりそうです。

 

 

作業前の純正状態がコチラです。

「Class KR」と同じく、4本出しのマフラーです。

見た目は悪くないですが、スチール製故に錆が目立ちます。

排気音も物足りない感じがしますね。

 

 

 

純正の構成はリヤピースは非分割です。

取り外しが大変ですね・・・

 

 

「Class KR」は分割式構造なので、取り付けは純正取り外しよりは簡単です。

純正よりサイレンサーが若干小型化され、排気音も迫力あるサウンドとなりました。

新品でこれだけ変化があったので、馴染むともう一段階変化がありそうですね。

音は変化しましたが安心の保安基準適合品ですよ。

 

純正がスチールで、Class KRがステンレスなので見た目の変わりようが半端ないですw

下廻りなので見えない部分ですが、錆び難いという点だけでもステンレス製がいいですよね。

 

 

車をリフトから降ろして、テールビューはこんな感じになりました。

純正よりも口径が大きくなり、更にヒートグラデーションのアクセントも加わったので、ドレスアップ性が高い印象です。

やっぱりマフラーはバンパー開口部に対して、このぐらいの大きさのテールエンドは欲しいですよね。

口径は大きくなりましたが、サイレンサーの高さは純正と殆ど変わらないので、駐車場の輪留めの心配も必要なさそうです。

引っ掛けてしまう心配が少なく、排気音も見た目もカスタム出来てしまうなんて最高ですよね。

 

 

バンパー開口部の特に上側の隙間が詰まったので、かなり見栄えが向上しましたね。

テールエンドサイドには柿本のロゴが入っていて、これもいいポイントですね。

 

 

という訳でMARK X(GRX130)G'sのマフラー交換でした。

当店の駐車場の輪留めはそんなに高くありませんが、割と高めの輪留めの店舗でも問題なさそうです。

最低地上高を稼ぎやすいマフラーなので、砲弾型マフラーよりも破損の心配が少なく、気軽に装着出来るマフラーでオススメです。(価格はそこそこ値が張るのは・・・)

 

オーナー様、この度はお待たせしてしまいましたが、お買い上げ誠に有り難う御座います。

今後とも宜しくお願い致します。

 

 

マフラー交換ならコクピットさつま貝塚まで、お気軽に御相談下さい。

TEL:072-432-1818

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2022年1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031