TEL
072-432-1818
9:00~18:30 / 定休日:毎週水曜および第2火曜日定休
冬の大抽選会

IS250 アライメント調整

2021年8月26日

サスペンションを交換し、アライメント調整はなさっていない様で、ステアリングセンターが若干ズレた様です。

サスペンションを純正から純正に交換するだけでも、アライメントはズレるので、ダウンサスや車高調等、サスペンションの全長が純正から変化するなら尚更ズレます。

そんな訳で気になさっていたのはステアリングセンターでしたが、タイロッドを微調整するだけではなく4輪共にセンサーを取り付けて、アライメント作業を行います。

お客様自身もアライメントの事は御存知で、アライメント目的でご来店された形です。

そんな訳で早速測定開始です。

 

 

測定してみるとローダウンしている兼ね合いもあり、自然にネガティブキャンバーが付いてますが、純正ではキャンバー調整機構が無いので、調整機構のある前後のトーをキッチリと調整します。

トーも前後共適正範囲から大幅にズレていたので、こちらは調整可なのでキッチリ調整ですね。

因みにサスペンションはブリッツのDAMPER ZZ-Rに交換された様です。

 

 

車高はほぼ揃っていたので、アライメント調整だけで大丈夫ですね。

まずはリヤから調整します。

クラウン等と同じ感じなので、ちょっとしたアンダーパネルを外してからの調整です。

 

 

次にフロントです。

フロントは殆どの車でお馴染みのラック&ピニオンなので、タイロッドで調整します。

フロントもリヤも調整の幅が残っていたので、適正な角度にきっちり調整させて頂きました。

あまりにも過激な仕様だと調整幅の大きい社外アーム等が必要になりますが、今回のお車はナチュラルなローダウン量でしたので、純正で事足りるといった感じですね。

 

 

調整が完了したら実際の道路を試走してみて、最終チェックを行います。

今回の目的のステアリングセンターは勿論ですが、他にも安定性や旋回性等色々確認をし、問題なかったのでこれにて完了です。

 

サスペンション交換後は是非アライメント調整をして下さいね。

アライメント調整ならコクピットさつま貝塚まで、お気軽にお問い合わせください。

TEL:072-432-1818

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31