TEL
072-432-1818
9:00~19:00 / 定休日:水曜日定休

レーダー探知機の意外な使い方!?

2018年9月9日

待ち受け画面 意外と使えます。

本日ご紹介はこちらのレーダー探知機

チョイスしたのはセルスターのアシュラ VA-910Eです。

 

 

取付したのはこちらのプジョー。

スピードメーターの針がおかしな所を指してます。時速220km/hオーバー。。。

この車ではよくある症状らしいのですが、日本ではメーターの細かなパーツが手に入らないので、メーター全体の交換と大変高価な修理になってしまいます。

 

 

そこで今回は、修理するまでの応急対策としてレーダー探知機を取り付けします。

レーダー探知機はGPSにて自車位置測位をしている物が多く、その測位情報を基に車速を割り出せるんです。

OBDⅡ(車両診断コネクター)対応レーダーでカプラー接続すれば、車両信号により正確な車速を知ることが出来るのですが、こちらの車両のOBDⅡ対応が出ておらず、今回はGPS測位のみでの割り出しとなりました。 

 

 

デジタル表示で分かり易いでしょ。

ただし、位置情報から割り出す為、正しい車速が表示されるまで1〜2秒のタイムラグが有るのでご注意を・・・ 

 

 

お客様のご要望で今回はスイッチを取付けて、必要のない時には簡単にオフ出来る様に致しました。

 

 

因みにこちらのレーダー探知機の待ち受け画面はこれだけ選べますよ。

 

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30