TEL
011-896-1212
平日:10:00~18:30 / 日・祝日:10:00~18:30 / 定休日:11月 6日(水)、20日(水)

日本初 !! MAZDA3 に DTE SYSTEMS スロットルコントローラー New PPT 取付&適合確認作業。

2019年10月18日

フィール チャンネル をご覧のみなさま、こんにちは。

いつも お付き合い頂いているオーナー。

 

先にも 当店で大人気 !!

“売れすぎちゃってスミマセン❤”の

ハイスパークイグニッションコイル を

取付させて頂いたのですが、

https://www.cockpit.co.jp/shop/feel/diary/75103/

 

 

今回は

こちらもコクピットフィール“推し”

DTE SYSTEMS スロットルコントローラー

New PPT の取付をオーダー頂きました。

 

マツダ BP5P MAZDA3 へ

DTE SYSTEMS  New PPT の

適合が出ていなかった為

当店で取付して

作動やエラーをチェックし

MAZDA3 BP5P への適合確認を行います。

 

 

では、早速さっそく作業を開始します。

まずは 運転席の足元にダイブして

アクセルペダル上部のカプラーに

New PPT のカプラーを接続したら・・・

 

 

 

接続と取付が終了。

 

作動状態とエラーをチェックしたら

スロコン New PPT の取付作業は完成。

 

 

 

DTE SYSTEMS New PPT 

3つの走行モード(SportSportPlusEco)に加え

各モードで +3-3 の微調整も出来る為

オーナーの感性に近い

アクセルフィーリングへ調整出来ちゃうのが魅力。

 

ほとんどのメーカーの

スロットルコントローラーは各モードで

プラス(アクセルを踏む方向)には調整出来ますが

マイナス(アクセルを少し戻す方向)には調整出来ません。

 

と言う事は・・・

『アクセル吹け過ぎだべ・・・(汗』と感じたら

スロコンをOFFにするしかありませんでした・・・

 ※自分が使ってきた

  ほとんどのメーカーの製品はそうでした。

PPTシリーズのすぐれている所は

自分の感性より“吹け過ぎてる”と感じた時に

マイナス側に調整し

自分の感性に近づける事が出来るところなのです。

 

 

 

『マイナスに調整する事なんてあるの??』

って思われたお客様。

最近 当店での“売れっ子”で

今回 紹介している MAZDA3 には取付済みの

HIGH SPARK IGNITIONCOIL

(ハイスパーク イグニッションコイル)

を取付した際には

顕著に中間域の加速が上がる為

マイナス側へ調整出来ると

より 自分のフィーリングに近い

アクセルコントロールを実現する事が出来るんです。 

 

 

オーナーからは

スロコンもバチバチに効いてます
出足の軽さが尋常じゃないです 笑笑

とバチバチなコメントを頂きました (笑

 

スロコン New PPT の取付が完成したら

コチラも 当店で大人気の商品。

 

 

サンダーボルト ジャパン 

鍛造チタニウム ライセンスボルト の

バーンブルー (¥3300-税別)を取付させて頂いて・・・

 

 

 

オーダー頂いた作業は 全て完成です。

 

オーナー。

いつも ありがとうございます。

次の“仕上げ”も よろしくお願いします。。。

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
タイヤ相談予約
タイヤ相談予約