TEL
011-896-1212
平日:10:00~19:00 / 日・祝日:10:00~19:00 / 定休日:水曜日

BILSTEIN B14 & cpm LowerReinforcement 取付と BBS RI-A 装着 / BMW F36 420i GranCoupe

2018年6月5日

フィール日記をご覧のみなさま、こんばんは。

当店のお客様に ご紹介頂き

初めて ご来店頂いたオーナー。

 

 

 

BMW F36 420i GranCoupe の

足回り”一括仕上げ” 作業をオーダー頂きました。

 

 

 

まずは、サスペンションの交換作業を開始します。 

 

 

 

取付するのは

  • BILSTEIN(ビルシュタイン)の B14
  •  装着時に前後車軸それぞれに20mmの調整範囲を設定
  •  前後ともに約30〜50mmのローダウン化
  •  サーキットレベルでのテストを繰り返してのファインチューン実施
  •  スプリングプレートとロックナットはいずれもアルミ製
  •  トリプルCテクノロジー(三層コーティング)による高い防錆性を実現
  •  調整が容易なラウンドスレッド
  •  耐久性の高いスポーツ・スプリング
  •  ビルシュタインならではのガス封入技術
  •  ビルシュタインならではのドイツ製モノチューブ倒立式サス
  •  TV(ドイツの技術検査機関)が認める性能

 

 

 

あっ!!と思ったら

純正サスペンションが外れていたので

B14と記念撮影。 

 

 

 

上の写真はリア用。

 

 

 

BILSTEIN B14 の取付は完成。

この後 車高を計測 ⇒ 車高の調整

の作業を数回行っています。

 

 

 

 

続いて コクピットフィール”推し”

cpm LowerReinforcement  の取付作業。

 

 

 

 

今回も もちろん!!

アライメント作業用のリフトを使い

“水平”を出してから取付作業を行ってます。

 ※これって結構大事なポイントです。

 

 

 

 

説明書通りの既定トルクで

ボルトを締め込み

cpm LowerReinforcement を固定して完成。

 

 

 

足回り仕上げ作業の〆は

タイヤ&ホイールの装着。

 

コクピットフィールで人気の鍛造ホイール。

BBS RI-A (DS)

ダイヤモンドシルバー

 

 

 

 

BBS RI-A 

SUPER GT に投入されるホイールと全く同じ思想でつくられたレース仕様 

ナット穴を傷めないよう

ブッシュをスチール製にしたり

ホイールとタイヤの空転を抑制する

アンチスリップペイントを施すなど

機能性・信頼性が高められた鍛造アルミホイール 

それが BBS RI-A です。

 

 

 

BBS RI-A に組合せたタイヤは

ブリヂストンのフラッグシップタイヤで

POTENZA(ポテンザ)S001

 

組込み、窒素ガス充填、バランス調整を行ってから

車両へ取付して・・・ 

 

 

 

オーダー頂いた作業はバッチリ完成です。

 

写真を撮り忘れたのですが

4輪アライメント測定&調整も作業済み。

後日 サスペンションの慣らしが終了後に

再度 アライメントの測定&調整作業を行います。

 

オーナー。

足回り”一括仕上げ” ありがとうございました。

次の”仕上げ”も よろしくお願いします。。。

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031