TEL
072-432-1818
9:00~18:30 / 定休日:毎週水曜および第2火曜日定休

GSE20 IS250C フロントストラットバー取り付け

2021年6月15日

当ブログで以前御紹介させて頂いたこちらのIS250Cですが、「車高調は大満足なんやけど、もうちょっとステアリングのレスポンスを上げたい」との御相談を頂きました。

ただ、無暗に車高調の減衰力を硬めにセットするのは避けたいとの事で、フロントのロール抑制に効果的なストラットバーを取り付ける事になりました。

車はある程度のボディの『しなり(捩れ)』も重要ですので、補強をやればやるほどいいという訳ではありません。

一点ずつ補強パーツを取り付けてみるのが無難ですねww

 

 

小難しい事はさておき、早速取り付け作業開始です。

GSE20に取り付ける場合は、エンジンルームのカバーの殆どに加工が必要です。

車高調アッパーマウント上部(左右)のカバーと、真ん中のエンジンカバーが干渉してしまうので、どうしてもカバーを取り付けたい場合は干渉部分の切除が必要です。

ただ、切ってしまうと後戻りは出来ないので後悔しそうな場合はカバー外しで、未加工のカバーは保存しておくのが無難です。

 

 

今回は「加工するなら外す」との事で、まずはカバーを外します。

カバーを外してもエンジンルームはパンパンですねww

 

 

で、やっとストラットバーの出番です。

アッパーマウントのナットを外して、ストラットバーを共締めするだけですが、ブラケット部分に干渉するステーや、アッパーマウント純正補強プレートは使用しないので外してしまいます。

 

 

そんな感じで取り付けたのがこんな見た目のエンジンルームです。

カバーレスなのでクリアランスは十分にあり、何処にも一切干渉はありません。

後はボンネット裏と干渉しないかだけ確認すれば作業終了です。

 

 

 

ボンネットも無事に閉まり、開けて見ても干渉した痕もないので取付完了です。

これで乗ってみて頂いて、まだ不満が残るようなら次の手が必要ですね。

ロールを抑制し過ぎるとデメリットも目立つので、スポーツ走行をしない限りは補強は程々にしたい所ですww

 

 

タイヤ屋さんですが、こういった部品も取り扱ってます。

タイヤもその他部品もお見積りは無料です。

お気軽にお申し付けください。

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031