TEL
072-432-1818
9:30~19:00 / 定休日:毎週水曜および第2火曜日定休

タイヤは残溝以外にも交換目安があります

2020年8月1日

今回はタイヤ交換の御紹介です。

お車は通勤等では殆ど使わず、週末に乗る程度の使用頻度のオーナー様なので、4年履き潰したにも関わらず溝は5mm強残ってます。

 

 

ですが、タイヤって溝だけが重要って訳では無いんですよ・・・。

今回の注目ポイントは『亀裂』です。

つまりヒビ割れですねww

空気を張ってる状態で、タイヤの横っ腹を押してみると・・・

細かいヒビが無数にあるのが確認出来ます。

 

 

その程度のヒビ割れなら経過観察で様子を見ても・・・

と言いたい所ですが、実は部分的にかなり深刻なヒビ割れもあるんです。

 

分かりますか?

何か鋭利な刃物で切り付けたかのように、円周上に切れ目が入ってます。

空気を張ったままでは分からなかったヒビ割れですが、かなり深いヒビが入ってました。

このまま継続使用してたらバーストは不可避でしたね・・・。

タイヤの横っ腹は薄いのでヒビ割れや擦り傷は要注意です。

 

 

お車の保管状況やお住まいの地域によっても、ゴムの劣化速度は左右されます。

直射日光が当たり易い・潮風に晒される・空気圧が不足している等、色んな要因が考えられますね。

 

その様な要因が4年で交換という結果に繋がったと思います。

ゴムの寿命で考えると、平均ぐらいだとは思いますが・・・。

 

そんな御老体のタイヤでは運転中不安要素しかないので、新品のタイヤに世代交代させますww

使用したタイヤは『GR-XⅡ』ですね。

乗り心地や静粛性、グリップ性能やロングライフ等々トータルバランスに優れたタイヤです。

 

 

 

ECOPIA、Playzよりも価格が張りますが、価格的に許容範囲であればオススメのタイヤです。

今回のオーナー様に限っては、使用用途が変わらない限り、ロングライフ性はあまり必要性を感じませんがww

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2020年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031