TEL
072-432-1818
9:00~19:00 / 定休日:毎週水曜および第2火曜日定休

リフトアップ仕上げのアライメント調整

2019年10月14日

リフトアップによって姿勢が変化するのでアライメント調整は必須です

本日のご紹介はリフトアップがカッコいいと評判を頂いているこちらのエクストレイル。

JAOSのリフトアップスプリングは、しっかり感があり、純正状態よりも良い乗り味になったとお客様より嬉しいお言葉を頂きました。

さて本日は仕上げのアライメント調整を行ないます。

足回り作業後しばらく走行して頂いて、馴染みが出た所での仕上げ作業デス。。。

 

 

まずは1G締め直しを各部実施し、アライメント作業開始です。

リヤの調整は

まずこちらのアームでキャンバー角を調整します。

 

 

この偏芯ボルトを回す事でアームが動くのでキャンバー角が変化します。

 

 

そしてリヤのトー調整がコチラ。。。

 

 

こちらも偏芯ボルトでアームを動かして調整します。

 

 

フロントはお馴染みのこちらのタイロッドでトー角を調整します。

まずは回り止め用のナットを緩めて・・・

 

 

ロッドを回す事で、タイロッドの長さを変えて調整します。

 

 

車種や仕様によって調整出来る箇所は異なりますが、コクピットではお車に合わせて匠の技術で調整させて頂きますので、興味のある方はお気軽にご相談下さい。

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930