TEL
072-432-1818
9:30~19:00 / 定休日:毎週水曜および第2火曜日定休

常連様のタイヤが大変なことに

2021年1月11日

ステアリング周りの整備後はアライメントの確認をお勧めします

本日のご紹介はこちらのインプレッサ。

常連様のお車なのですが、年末にタイヤのエアチェックにご来店いただいた時に

タイヤの偏摩耗を発見!

タイヤを取り寄せ年始に早速交換させていただきました。

 

 

交換するのはポテンザ アドレナリン RE004。

今まではポテンザS001を使用されていましたが、今回はアドレナリンが気になるとのことでこちらをチョイス。

 

 

タイヤはこの通り内側がズルズルです。

フロントタイヤの両方がこの減り方なので、お客様に心当たりを聞くと

車を購入したところでステアリング周りの何かを交換したとのこと。

おそらくそれでアライメントがズレてしまったと思われるので、今回もしっかりアライメント調整実施します。

 

 

いつものように迅速かつ丁寧に作業していきます。

 

 

案の定フロントのタイヤがガニ股(トーアウト)になっていました。

この結果をみるとタイヤの内側が異常に減ってしまうのも納得です。

 

 

足廻りの部品やステアリング周りの部品を交換されて不安だという方は、お気軽にご相談くださいね。

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2021年1月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31