TEL
072-432-1818
9:30~19:00 / 定休日:毎週水曜および第2火曜日定休

このシーズン定番のエアコン添加剤『パワーエアコンプラス』

2020年7月27日

車のエアコンも家庭用エアコンと同様に消耗品です。

新車等の新しいうちは何て事ないですが、経年劣化が起きると知らず知らずの間に能力が低下します。

配管の継ぎ目のパッキン劣化やコンプレッサーの摺動性低下等、挙げればキリがありませんが色んな要素の性能低下が起きます。

エアコンの各部品を全て新品にすれば万事解決ですが、そんなリッチな事出来ませんよねww

そこで症状を少しでも改善したい方にオススメなのが、『パワーエアコンプラス』です。

 

エアコン添加剤は基本的に店舗で施工する商品です。

作業自体はシンプルなので、詳しい方ならご自身でやってみたいと思われるかも知れませんが、注入用のホースが必要になります。

 

さてそれでは作業していきます。

今回のお車はDA64のエブリイです。

施工前の冷風(Lo)は16.6℃です。

十分冷えてますが、変化はあるのでしょうか?

 

 

毎度の事ながら作業はあっという間です。

ホースをエアコン配管低圧側に繋いで、添加剤を注入するだけです。

 

 

 

ものの数秒で缶がぬるくなるので、注入完了のサインですww

あとはホースを外して確認作業です。

温度の方は15.9℃という結果でした。

数値としてはそんなに大袈裟な数値になりませんでしたね。

元々効きが悪いという訳ではないので、フリクションロスによるパワーダウン防止に期待です。

 

 

エアコン添加剤は入れ過ぎは禁物ですが、定期的な施工がオススメです。

比較的新しい年式のお車は23年に1度、1020年以上前の年式のお車は毎年入れてもOKという感じです。

 

※上記はあくまで目安となります。

※冷媒はR134aに限ります。

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2020年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031