トー、キャンバー、キャスターについて詳しく解説

トー

トー

トー(TOE)はトーシューズといった言葉があるように「つま先」という意味があります。クルマを俯瞰する状況を想像してください。真上から見たときに、タイヤのつま先が車体に対してどう向いているかを示す数値がトー角で、「mm(ミリ)」あるいは「°(度)」で表します。トー角は、直進性とコーナリング性能に大きな影響を与えるアライメント数値のひとつで、一般的に前方がすぼまっている場合をトーイン、前方が開いている場合をトーアウトと呼びます。

キャンバー

キャンバー

クルマを真正面から見たときに、垂直方向に対してタイヤがどう傾いて取り付けられているかを示すのがキャンバー角です。トーと連鎖して直進性とコーナリング性能に影響する、アライメント数値のひとつです。タイヤの上部が外側へ倒れている場合をポジティブキャンバー、下側が開いている場合をネガティブキャンバーと呼びます。わずかにネガティブキャンバーとなっているのが一般的ですが、車高を下げたりして角度が付きすぎると、タイヤの内側だけが減る偏摩耗が起こります。

キャスター

キャスター

操舵の回転軸のことをキングピン軸といい、クルマを側面から見たとき、前輪のキングピン軸は上部が後方へ傾いているのが一般的です。この傾きをキャスター角といい、角度を付けることで直進安定性を保つ役目を果たします。タイヤが前方から強い衝撃を受けたりするとキャスター角が起きてしまうことがありますが、これが原因で直進安定性が悪くなる場合があります。キャスター角のわずかなズレは、トーとキャンバーのアライメント調整で補うことができます。

page top

FacebookもチェックCOCKPITオフィシャルFacebookアカウント