TEL
044-989-0660
平日・日曜・祝祭日 10:00~18:30 / 定休日:火曜日

ほんのワンタッチ!!で車が激変☆

2020年12月24日

マツダ CX-5

以前に車高調を装着しローダウンした1台。

当初より装着を予定していた

スロットルコントローラー

の取付を実施致します!

 

 

今回ご用意させて頂いたスロコンは

シエクル レスポンスブースター

でございます!

シエクルと言えば

スロコン界の老舗ですね!

 

 

他商品と同じように

MODE切り替え(エコ/スポーツ①/スポーツ② etc.)

が有る上に、

AUTOモード

が備わっている機種。

そして他メーカーと一線を画すのが

有機EL液晶採用

です☆

これがまた、完成後には、結構格好宜しい感じになるんです☆笑

 

 

マツダ CX-5 のアクセルペダルはオルガン式。

床から生えてるタイプでしたので

コネクターに触るには、ユニット外しが必要です。

昨今の車輛では、アクセルペダルへのチェック信号がエンジンSTOP後も流れています。

よって、5~15分程度待った後のコネクター外しが必要です!

時間は車種によってマチマチなのですが…汗

 

 

それでもボルト&ナット等で止まっているだけなので、作業はサクサク進行。

外したユニットに刺さっているコネクターを外し

スロコンの割り込みハーネスを入れ込んで、終了。

作業は簡単ですが、アクセル開度を司る部分の施工です!

抜き差しだけでは有りますが

その抜き差しで問題を発生させてしまうと、想像が付かない事になり兼ねません!!!

抜き差しだけですが

その抜き差しは、正確に!慎重に!

 

 

引き廻した配線を、コントロールユニットへ集約。

そしてユニットからコントローラーへ配線。

 

 

これにて作業は完結!

ピンボケ画像しか無く、申し訳ございません。。。。

折角自慢の有機ELが…伝わらないですよね!?泣

 

 

こちらの逆光。。。。。。

 

 

レスポンスブースターの格好良さが伝えられず、、、申し訳ございませんでした。

スロットルコントローラー

ですが

昨今の車輛の大半が、アクセル開度をCPU制御しています。

安心・安全の為と言いましょうか…。

俗に 電子スロットル (略称 電スロ)と呼ばれております。

昔のワイヤー式(ペダルとスロットルボディーが直結)の様にはいかなくなっているのが現状です!

あくまでもCPU制御ですので、如何様にも変化させる事が出来てしまうのです。

分かりやすく言えば

アクセルペダルを50%踏む=スロットルボディーを25%開く

と勝手にCPUが変換しているのが電子スロットルの機構。

ワイヤー式から乗り換えた方々の中には、遅く感じる方も多いかと思います☆

表現を変えると 鈍い 重い ダルい etc.。

システム変更は容易な事では有りませんので、電スロを活かしたままワイヤー式に近づける!!!

それを可能にしているのがアフターパーツで販売されている

スロットルコントローラー

でございます☆

合法パーツで、安全マージンも考慮されているパーツですので安心してご使用頂けます!

スロコンを装着されたオーナー様の中で

変化を体感できなかった! 価値を見いだせない!

との話は伺った事ございません☆ 一様に皆様体感いただき、価値を感じてもらえるパーツです☆

車種/オーナー様によっては

「燃費が上がった」

とお話頂けることも多々ございます!

多種多様なメーカーより販売されている スロコン。

当店では選りすぐった商品のみをご紹介させて頂きます。

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2021年1月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
サービス予約