TEL
044-989-0660
平日・日曜・祝祭日 10:00~18:30 / 定休日:火曜日

DAIHATSU タントカスタム LA650S クスコ補強パーツ取り付け☆

2020年6月22日

ダイハツ/LA650S タントカスタム

当店初来店のオーナー様。

車体の「ふらつき」を何とかしたいということでご来店です☆

タワーバーなど、色々と下調べをされた上でご相談を承りました!

ただ、2019年にフルモデルチェンジを果たした新型タント、

実はまだ補強パーツをリリースしてるメーカーさんが大変少なく、

オーナー様もそこはご存知で、足周りや補強パーツで名高いクスコをご指定!!

 

 

ご要望を伺った上で、ご購入いただいたのが

クスコ パワーブレース フロント

フロントサスペンションのすぐ後ろのボディフロアのフレームを繋いで、

ボディのよじれを低減するパーツです!

 

フロントは純正でスタビライザーが装着されているので、

敢えて控えめに・・・

ラインナップには定番補強パーツのストラットタワーバーもあり、

オーナー様も装着をご希望ではありましたが、今回は敢えてパスです。

と、言うのも今回サスペンション自体はノーマル状態であることが第一!で、

ボディの「ふらつき」を何とかしたいというご要望でしたが、

ノーマルサスに安易にタワーバーを入れることで

逆に「ふらつき」を助長する可能性があるためです。

「ふらつき」の正体は旋回時の左右方向に発生する荷重移動によって生じる

ボディロールが要因として代表的です。

柔らかいノーマルサスの上部を繋げて固めてしまうと、

かえってボディのロール量が増えてしまい、

最悪はゴツゴツして「ふらつく」お車になってしまう可能性があるのが第二の理由です!

もちろん、よく作用するケースもあるのですが、追加でいつでも装着できるので

今回は止めときましょう♪ということになりました。

打って変わって、リヤのコチラは効果大なのではないでしょうか!?

 

クスコ リヤ スタビバー

リヤのスタビライザーの追加装着ですね!コチラはボディのロール量を

抑えるためのパーツなので装着をおススメ致しました!

 

 

装着前。まだ新車状態ですね♪

 

 

パワーブレースを付けるであろう辺り・・・ん?フレームに

何個か穴開いてるけど。。。ただの穴、だよね??

どうくっつけるの??

 

 

ははぁ・・・なるほどですね~☆

この付属ステーを通してこのネジ山にボルトを入れるのかぁ!

納得いたしました!!

 

 

リヤの装着画像です!

後ろから見るとブルーのブラケットが嫌でも目に留まります☆

リフトから降ろしてもかなり目立っちゃいますよ!

 

 

写真ピンボケですみません(汗)

最低地上高を保てるよう取り付け部は嬉しいかなりの薄型設計☆

補強パーツのせいでちょっと車高下げたらギリギリ車検アウト~(泣)

とかよくある話ですからね。

 

 

今回のお取り付けで、どこまで「ふらつき」を抑えられるか・・・

オーナー様、乞うご期待です☆

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
タイヤ相談予約
タイヤ相談予約