TEL
044-989-0660
平日・日曜・祝祭日 10:00~18:30 / 定休日:火曜日

FIAT 500のローダウン☆

2019年4月10日

FIAT/500

リニューアル改装中のコクピット21世田谷からのご紹介にて

都内から当店に来店されたオーナー様!!

オーナー様は今主流の「クロスカントリー」仕様に仕上げる為にアルミ装着済。

残すところは・・・ローダウンです☆

 

 

今回ご用意したのは・・・

H&R製 ローダウンスプリング

でございます☆

レース界でも有名なH&R製のスプリングは

長期間の使用でもヘタリなどの経年劣化の少ないスプリング♪

 

 

さらにこのスプリングのすごい所は、

スプリングの縮みで発生してしまう線間密着の異音をなくす為に

スプリング自体にラバーコーティングを施しているんです!!

 

 

ほとんどのスプリングメーカーは

線間密着の異音対策の為にラバーシートをスプリングに巻き付けますが

経年劣化によってラバーシートは剥がれてしまう事も。。。

ですが!

H&Rならその心配も無用です!!

 

 

まずはノーマル車高から!

国産車と違いもともとローフォルムなデザインのFIAT

オーナー様が求めている

昔のビートルのようなローフォルムにしていきます!!

 

 

 

さっそく作業に取り掛かります!!

 

 

フロントアッパーマウントを外す為に

トップカウルをバラしていきます!

 

 

アッパーマウントは1点止めのタイプ。

走行距離によってはこのアッパーマウントも新品にしますが

この車両は昨年に納車され走行距離も3000kmで

マウントのヘタリもないのでそのまま再使用します!

 

 

ストラットタイプのサスペンション!

少々苦戦するかな~と思っていましたが

案外国産車のようなイメージで外せました!!

 

 

純正スプリングからローダウンスプリングへ

組み込んでいきます!!

さすがレース界で活躍しているH&R

スプリングの巻き方にも乗り心地や走行性能を考えた

巻き方をしています☆

 

 

外した手順とは逆の順番で車体に取り付けて

フロントサスペンションの交換は終了です☆

 

 

アッパーマウントのトップナットは負荷が大きくかかるので

スレッドコンパウンドをボルト部に吹きかけて

ネジ山の保護やしっかりと締め付けられるようにしました!!

 

 

続いてリアに取り掛かります!!

リアはトーションビーム式のサスペンション構造。

ショックを外してしまえば、すんなりとスプリングは外せます!!

リアのスプリングもノーマルショックとの

ストローク量やバランスを考えてのスプリングの巻き方ですね!

 

 

リアのサスペンション取り付けも終了です☆

 

 

組み付け前にちょっと気になっていた

リアのバンプラバー。。。

リフトダウンして確認してみると・・・

リアのアームにほぼほぼタッチしそうでした。。。

 

 

H&Rの取説には一切の記載がないので

ショックのストローク量を考えて

バンプラバーは2.5cmカットしました!

これでリアのショックストロークの確保ができます☆

 

 

組み付け後の試乗チェックも終え

サスペンション交換の最終仕上げの4輪アライメント調整を行います!!

 

 

完成したFIAT/500です!!

ノーマル車高より25mmダウンです♪

イイ感じのローフォルムになりましたね~☆

コンパクトなボディーにはこの位の車高がベストマッチです!!

 

 

 

コンパクトでスタイリッシュな

クロスカントリー仕様のFIAT/500の完成です☆

ローダウンすることで若干乗り心地自体は硬くなりますが

装着しているREGNO GR-XIがその硬さをしなやかにしてくれるので

街乗りから高速走行までゴツゴツ感もなく

良いバランスで乗り心地が確保できています☆

 

 

オーナー様も完成した愛車の姿を見て

「いい感じに下がりましたね~♪」

と大満足で都内のご自宅まで帰られました~☆

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930