CCC 2018 受賞車両一覧

COCKPIT CUSTOMIZECAR CONTEST 2018

総勢207台のエントリー車両から、WEB投票により選ばれた各クラスの1位〜3位までの車両をご紹介します。

GRAND PRIZE

今回のコンテストでは、各クラス1位の中から選出する「グランドプライズ」が新たに設けられ、ブリティッシュパールレッドのProdrive GC-05Nが強烈なインパクトを放つ86が頂点に立った。TOM'SのエアロやRECARO RS-Gなど、こだわりのパーツチョイスも見どころだ。

トヨタ 86 コクピット福島

軽自動車

アルトワークス&ターボRSやN-ONEを精悍に仕立てるカスタマイズが目立ったが、実用性重視のハイトワゴンやワンボックスカーもスポーティな装いが人気。それを反映してか、タイヤはPOTENZA Adrenalin RE003の装着率が高かった。

アルトターボRS スタイルコクピットフィール
  • ホンダ N-ONE コクピット 55
  • スズキ エブリイワゴン コクピット 相模原

コンパクト国産

内外装隙のないトータルカスタマイズで魅せたソリオバンディットが1位に輝いたが、歴代スイフトスポーツを筆頭に、POTENZA RE-71Rを装着してサーキット走行を楽しまれる方も多いようだ。

スズキ ソリオバンディットHYBRID コクピット55
  • 日産ティーダ コクピットモリオカ
  • フホンダ フィット コクピットモリオカ

コンパクト輸入

昨年に引き続きミニとフィアット500が中心となったこのクラスは、POTENZAの人気が目立った。注目は2位のクロスポロで、斬新なホイールチョイスで個性を際立たせた姿が印象的だった。

アバルト 500 コクピット福島
  • フォルクスワーゲン ポロ コクピット 相模原
  • ミニ F56 JCW スタイルコクピット フィール

スポーツ

対照的なカラーチョイスながら、高性能鍛造ホイール“Prodrive”を装着した2台が1、2位に輝く。タイヤはRE-71R、S001、Adrenalin RE003という3種類のPOTENZAから、走りを楽しむシチュエーションに合わせてチョイスしていることが窺えた。

トヨタ 86 コクピット福島
  • 日産 フェアレディZ コクピット55
  • 日産 シルビア コクピット 相模原ル

ミニバン

予想通り30アルヴェルのエントリーが多いなかで、1位をハイエース、3位をエスクァイアがゲット。ミニバン専用プレミアムタイヤ REGNO GRVⅡの人気が高いほか、インチアップの強い味方 FIRESTONE WIDE OVALを装着するクルマも多い。

トヨタ ハイエース コクピット豊洲
  • トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド コクピット豊洲
  • トヨタ エスクァイア コクピット 福島

SUV

絶妙なローダウンとインチアップで、美しくスタイリッシュにまとめるクルマが並んだこのクラスでは、ハリアーがワンツーフィニッシュ。プレミアムSUV用に開発されたALENZA 001を装着したクルマが多かったものの、残念ながら今回は入賞ならず。

トヨタ ハリアー コクピット福島
  • トヨタ ハリアー スタイルコクピット フィール
  • 三菱 アウトランダー コクピット豊洲

その他国産車

50台以上のエントリーがあった最激戦区は、こだわりのパーツチョイスでスポーティに仕立てたブレイドが1位に。ハイクラスなセダンが数多く参加したクラスだけに、POTENZA & REGNOの装着が目立つ。

トヨタ ブレイド コクピット55
  • ホンダ シビック コクピット相模原
  • トヨタ カムリ コクピット相模原

その他輸入車

メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、VWという人気のドイツメーカーがずらりと並んだクラスにもかかわらず、足回りの見直しを行いさらに完成度を高めたプジョー308が、昨年に続いて1位を獲得した。

プジョー308 タイルコクピット フィール
  • フォルクスワーゲン ゴルフ4 スタイルコクピットフィール
  • メルセデス・ベンツ Eクラス スタイルコクピットフィール

page top

FacebookもチェックCOCKPITオフィシャルFacebookアカウント