TEL
024-521-0222
AM9:30~PM6:30 / 定休日:火曜日

BRIDGESTONE RFT(ランフラットテクノロジー採用タイヤ)TURANZA T001

2020年8月27日

 

空気圧ゼロで走行可能なランフラットタイヤのメカニズム

 

ランフラットタイヤには、タイヤのサイドウォール部分を「サイド補強ゴム」で補強した「サイド補強型」が採用されていて、空気圧がなくなった場合は補強ゴムが荷重を支えます。乗用車用のランフラットタイヤには一般的に用いられる構造です。

 

また、空気圧が失われた際はタイヤが変形、発熱します。そのため、ビード部分の強度を高めるビードフィラーに低発熱性のゴムを使用し、発熱を抑制。さらに、パンク時にタイヤがホイールから外れることを防ぐため通常よりも太いビードを使用するなど、さまざまな技術の採用によってパンク時の走行を可能にしています。

 

 

TURANZA T001 RFT

 

 

 

 

 

BMW承認の証 “☆” マークが入ってます。

 

当店はブリヂストンが定める基準を満たす

 

「ブリヂストン推奨 ランフラットタイヤ取扱店」

 

ですので、安心して交換いただけます。

 

本日もコクピット福島をご利用頂きありがとうございます。

 

 

『COCKPIT CUSTOMIZECAR CONTEST 2020』開催中☆彡

投票はこちらをClick!

すべてのクルマに『ワクワク』を。

オラ、『ワクワク』すっぞ ❣❣

 


 

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2020年9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930