TEL
024-521-0222
AM9:30~PM7:00/日曜日 AM9:30~PM6:30 / 定休日:火曜日(11月12月無休)
BLIZZAK ガンバレ!受験生!!応援キャンペーン

タイミングベルトのあれこれ

2018年8月9日

おはようございます。

今日はタイミングベルトのお話です。

すごーーい昔はベルトではなくロッドで動いていたのですが

カムになり、ツインカムになり・・・と進化していった時に

このタイミングベルトとなってきました。

 

 

このクランクとカムをぜったいずれないタイミングにして、バルブを押し出したりすることで、ピストンがぶつからないで、燃焼し続けるんです。

このクランクとカムとバルブのナイスコンビネーションを見て、大昔ミシンが出来たそうなんですね。

ミシンも糸がからまったり、針がすぐ折れたりしていたんですが

この方式で、針を刺したときにナイスなタイミングでプレートが引っ込んで

針が折れなくなったそうなんです。

 

車もこのタイミングベルトが切れたり、ずれたりすると

バルブが引っ込む前にピストンが上がってきて、ぽっきり折れて

エンジン内部がめちゃくちゃになって、一説には0.03秒でコンロッドがエンジンを突き破るのだそうです。

私も映像を見たことがありますが、あっという間でブローです。

普通の道路でそうなってしまうので、このタイミングベルト方式で動いているエンジン(車)は

10万km未満に一度

もしくは10年に一度は必ず交換しなければいけないクルマが多いようです。

(輸入車は交換タームがもっと早い場合もありますね)

なかにはタイミングチェーンというのもあるので、よくご確認くださいね。

良い車を長持ちさせてもらって、良いカーライフを送って頂きたいと

心から思っております。

タイヤと同じゴム製品で、劣化すると事故につながることもある大事なパーツですので!!

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031