TEL
024-521-0222
AM9:30~PM7:00/日曜日 AM9:30~PM6:30 / 定休日:火曜日(11月12月無休)

新登場!ポテンザ S007A 徹底解析

2018年7月7日

とうとう、新作ポテンザS007Aが新発売され、当店にも入荷して参りました。

「さらなる高みに到達した、プレミアムスポーツ POTENZA」

「数々の世界的ハイパフォーマンスカーに認められたPOTENZA S001が進化を遂げた。

モータースポーツシーンで培われたドライ&ウェットパフォーマンスはもちろん、

上質な走りを追求したコンフォートパフォーマンスが、さらなるドライバビリティを可能にする」

とまで、言い切ってしまうそのS007Aを徹底解析して行きたいと思います。

 

 

 

徹底分析・・・と言いましても、私もまだS007Aを乗っていない・・というのが

正直なところでして、現在わかる限りの状況をお知らせさせて頂きますね。

そもそも、今まで君臨してきたS001が発売されたのは2010年2月でした。

あれから8年の年月が経っているのに色あせないS001を超えるとは

ブリヂストンのブランドをかけて作ったS007Aは素晴らしいものなのだと思います。

私がその2010年に発売されたS001をいち早く自分のEVO Xに履き、

様々なテストを致しました。

一番驚いたのは直進安定性で、黙っていてもまっすぐ走り、ハンドルの舵角も非常に少ない状態で

素早いレーンチェンジをし、安心して走行していたのを今でも鮮明に覚えております。

またつい先月には大雨のサーキットを、全く恐怖感を感じないで、速いタイムで周回出来たのも

素晴らしいパフォーマンス性と感じていたところです。

S001は段差での突き上げの低減にもかなり神経を配っていて、乗り心地も良かったのですが、

S001の前のタイヤ、RE050がかなり突き上げがあって、静粛性もいまひとつだったので、

それを一気に解消したのもセンセーショナルなタイヤだな――と思っておりましたね。

 

今回S007Aが入荷してきたときに私が一番最初に感じたのは、タイヤ単体を持った時の

軽さとしなやかさでした。

S001は同サイズでもS007Aより重いです。もっとさかのぼるとRE050はもっともっと重かったです。

ですので、S007Aの軽さにはびっくり!!

でも、体重をかけて下に押しても、全く潰れず、サイドもしなやかで、

とても良い質感を感じましたね。

 

次は店内でちょっと転がしてみました。

「スー――っと」転がるのですね。音もコロコロした音もなく

また10cmぐらいから落としてみても、「コン」といった音がしないで

すっと落ちる音質でした。

パターンを見た時は溝が案外浅いんだな――。などと思っておりましたが

 

 

デプスゲージで測定しましたところ、S001と全く同じ7.5mm!!

 

 

 

ちなみにRE-71Rを測ってみましたら

約7.0mmでした。71Rはタイムアタックタイヤなので、溝が浅くヨレヨレしないように

作ってあるのですね。

 

 

特にS007Aはドライハンドリングに力を入れたタイヤと聞いております。

雨の日は同等かちょっと上・・・ということで

上記にも書きましたが、雨の日はS001がかなりすごいので、それ以上となれば

文句なしの性能と言えると思います。

 

今までの非対称パターンと、剛性UPのエクストラロードも採用し

(エクストラロードは全サイズではありません)

とても安心してお使いになれる新次元のタイヤと思います。

 

 

お値段はほぼレグノGR-XIと同じですので、

レグノも大変良いタイヤなのですが、ドライビングフィールを一新されたい方は

是非ポテンザS007Aにされるのも良いのではないでしょうか?

 

以上でした。

乗っていないのにすいません。(今度乗ります)

高橋大介より

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031