TEL
044-989-0660
平日・日曜・祝祭日 10:00~18:30 / 定休日:火曜日

360度撮影ドライブレコーダー♪

2019年11月12日

トヨタ/アルファード 20系

カスタマイズカー紹介にも掲載させて頂いているオーナー様の車両です。

「会社の車も全部付いてんだけど、やっぱ付けておいた方が良いよね??」

当店でも多く施工しており、装着車両の割合は右肩上がり!!!

以前、お客様より伺った話だと・・・

実際事故に遭い、警察が出動すると、第一声が

運転手さん、ドライブレコーダー付いてます??

だそうです。

警察もドラレコを確認するようですね。

付いてないと不利になるとは思いませんが、付いてたらより安心な事は間違いありませんね。

「だよねぇ~ なんか停車中も撮影出来るんでしょ?」

追加で部品代は掛かりますが、24時間監視する事も可能ですよ!

むしろ、利用価値はそこにあるのでは??

いわば防犯カメラ的セキュリティーです♪

「そうなんだ! それ良いね!!」

と始まったドライブレコーダー取付に際する相談。

 

 

そんなこんなで用意したのがこちら!!

PIXYDA PDR600SV

箱にも有る通り、360度撮影ドライブレコーダー でございます♪

有料オプションにて

リアカメラ+駐車監視ケーブルを用意。

ドライブレコーダーとしての機能は前後撮影でOK!

駐車監視モード接続で、フロント周り(助手席~前~運転席)を常時監視!

まさにドライブレコーダーとセキュリティーを組みあわせた仕様です。

 

 

本体下部にある、この球体で360度撮影を実施。

本体自体は、小型のスマホ位の大きさ。

若干大きめですかね!

 

 

そんな事を言いつつも、リアカメラから作業開始!

リアゲート付き車両の場合は、カメラ装着場所がリアガラス!

よってゲートから室内に配線を引き入れる必要があります。

前後撮影の場合、全体の5割がここの作業です!笑

 

 

リアゲート内を通過し、ガラスに固定するので…

配線の出し口は潰さぬ様、切込みを入れ保護します!

 

 

そんなリアカメラの配線をズラズラァ~っと引き回して前まで持ってきたら

残りはここだけの作業。

今回は駐車監視も取り付けるので、センターコンソールを分解し

電源を確保する必要があります。

 

 

ちょっと画像が飛んでしまいましたが

完成でございます♪

カメラ固定の際には、ワイパーとの位置関係や極力中心に近い場所など

色々気に掛けながら取付場所を決めます。

 

 

こちらが確認映像!

左下から助手席 左上=前 右上=後ろ 右下=運転席

と映っています。

右中央には赤枠で囲われたリアカメラの映像も出てます!

 

 

こちらはリアカメラ。

バックカメラ等に使用するカメラと固定方法・大きさ共におなじです!

唯一違いがあるのは

映し出したい場所(カメラ向き/角度)

ですかね。

 

 

バックカメラはリアバンパーラインが入ってて、どこまでバンパーが壁に近づいているか??

ここが見たいですよね??

でも、ドライブレコーダーのリアカメラが欲しい画角は

真後ろ

です!

後続車のナンバー・ドライバーの顔等が判断出来る必要が有ります。

 

 

煽り運転防止

の為にもね☆

出先での当て逃げ確認等の為にも

360度撮影ドライブレコーダーは役に立つと思います。

通常のドラレコ(前方のみ撮影)では当て逃げは映り込まない可能性があります。

360度撮影なら運転席と助手席ガラスから周囲が映りますので、バッチリかと!!!

性能を上手く利用して、より安心なカーライフを送れますね☆

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2020年1月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
タイヤ相談予約
タイヤ相談予約