TEL
044-989-0660
平日・日曜・祝祭日 10:00~19:00 / 定休日:水曜日

フィールダーのサスペンションリフレッシュ♪

2018年5月14日

昨年より増えている

サスペンションのリフレッシュ!

本日入庫された

トヨタ/カローラフィールダーのオーナー様☆

 

 

新車で購入され10年以上が経過し、

走行距離は58000kmですが

ショックのヘタリによってフワフワ感が大きくなり、

運転中に車酔いになるようになってしまったそうです。。。汗

 

 

オーナー様とサスペンションをリフレッシュするにあたり

色々と使用状況をお伺いし、

本来であればKYB製のニューSRスペシャルを投入したかったのですが

今回はあえてオーナー様の好みから

純正のショックアブソーバーをご用意しました!

 

 

もちろんサスペンションを交換するにあたって

アッパーマウントやベアリングなどの

サポート部品一式もご用意しました!!

 

 

さっそく作業開始です!!

 

 

まずはフロントから手をつけていきます!!

 

 

ストラット式でトップカウルを外さなくても

アッパーマウントが外せるので

さくっとバラして組み付けも完了~☆

 

 

足回りを交換作業しているお店は沢山ありますが

ストラットのボルトを磨くお店は

当店だけかもしれませんよ!?

 

 

これからの取り外しやボルトの固着を防止するために

しっかりとピカピカに錆や水垢は綺麗に落としました!!

 

 

そんでもって車両への取付けも完了です!!

ここもコクピット麻生の拘りの1つですが

サスペンションを取り付ける際には

必ず1G状態にしてボルトの締め付けを行っております。

1Gでの締め付けをおこなわないと

サスペンションの動きが少し鈍いんです!

 

 

つづいてリアに突入です!

 

 

リアもさくっとバラして

新品に組付けも完了~☆

 

 

フロント同様に

リアのサスペンションの取り付け時も

1Gにて締め付けを行っております☆

 

 

10年、58000km・・・

お疲れ様でした!!礼

 

 

サスペンションの取り付けが終了し、

試乗チェックを行い、異音やフィーリングに問題なければ

最終仕上げの4輪アライメント調整を施工します!!

 

 

純正や社外のショックアブソーバーは

大体50000kmも走行すれば

ほぼほぼヘタっており、

本来の機能の半分以下まで性能はダウンしてしまいます。。。

今回のサスペンションをリフレッシュしたことで

車高が5mmも上がりました!

正確に言うとサスペンションがヘタリ5mm車高が下がってしまったのを

もとの車高に戻したというのが正解です。

もちろん肝心の走行性能もバリっとして安定した走りになります ☆

 

サスペンションの交換作業は沢山の作業実績と経験・知識が豊富な

コクピット麻生店にお任せ下さい☆

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031