TEL
044-989-0660
平日・日曜・祝祭日 10:00~19:00 / 定休日:水曜日

スティングレーのタイヤ交換+4輪アライメント+ホイールエクステンダーの施工☆

2018年8月28日

いつもご利用頂いているオーナー様の車両のセカンドカー

スズキ/ワゴンRスティングレー

がタイヤ交換にて入庫しました~☆

 

 

オーナー様は、

通勤メインで使用されているのですが

通勤ルートが登りや下りのアップダウンが多く、

コーナリング中にタイヤがヨレてしまったり、

車の不安定感に不満をもたれていたので

タイヤ専門店の当店が、オーナー様にオススメしたのが・・・

Playz PX-C (プレイズ ピーエックスシー)

でございます☆ 

軽自動車・コンパクトカー専用設計のタイヤのなので

スティングレーには相性バッチリですし、

プレイズはタイヤのサイド部が左右非対称形状になっているので

高速走行時やコーナリング中のタイヤのヨレを軽減できます。

まさにオーナー様にピッタリなタイヤなんです☆

 

 

新車から6年が経過し、

通勤がメインなのでまだ22000km弱。

 

 

オーナー様が丁寧な乗り方をされている分

タイヤの残り溝は3mmほどありましたが、

アライメントのズレと思われる片減りや

年数経過によるヒビ割れも発生しており

交換時期を迎えていました。。。

 

 

新品タイヤに交換後は

タイヤの性能を100%発揮させる為に

4輪アライメント調整を行います!!

はたして測定結果は・・・

 

 

車検時のサイドスリップテストで

右前だけイジられてしまっている様子。。。

トータルトーもトーアウト1.8mmなので

タイヤの片減りの原因はやはりアライメントのズレでした。

 

 

ここで新たに仲間入りした

ホイールエクステンダーを使用して

フロント・トーを調整します。

こいつがホイールエクステンダーでございます☆

 

 

このようにフロントタイヤの前方にエクステンダーをセットします!

 

 

 

決められた位置までフロントタイヤにテンションをかけていくと・・・

走行状態に近いトーの値になります。

フロントトーはご覧の通りの

がっつりトーアウト。。。

 

 

ここから走行中の理想となるトーに調整します!

エクステンダーのテンションを緩めると

左トー 1.5mm、右トー 0.9mm

となりました。

なぜこのように左右でトーの差が出てしまうかというと・・・

サスペンションのアーム類などが使用状況によって

片側に負荷が大きくかかっている場合や、

部品自体の製造個体差によって生じてしまうんです。。。

 

 

そのままの状態では車は左に流れやすくなってしまうので

さらに微調整をして左右のバラつきを修正していきます。

 

 

タイヤ交換+4輪アライメント調整+ホイールエクステンダーの

作業が終わったら試乗チェックを行います!!

試乗したフィーリングは・・・

車が真っ直ぐ走る!!とはこの事ってくらい直進安定性はGOOD♪

コーナリング中もタイヤがキッチリ接地して、ハンドリングや応答性もGOOD♪

従来の4輪アライメント調整ではここまでのフィーリングは味わえないのですが

ホイールエクステンダーを使用する事で

さらに愛車の走行性能を引き出せます☆

(ホイールエクステンダーは、施工が出来ない車種があります。)

 

せっかく新品タイヤに交換したなら

4輪アライメント調整ホイールエクステンダーも同時に施工すれば

車・タイヤ本来の性能をしっかりと発揮させることができ、

安心・安全なカーライフが送れると思います!

ぜひタイヤ交換+4輪アライメント調整は

タイヤ専門店のコクピット麻生にお任せ下さい☆

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930