タイヤ情報

Q

今年の冬、私のスタッドレスタイヤは使えますか?

今シーズンで購入から3年目になるスタッドレスタイヤを所有しています。溝はまだあって見ためはまだきれいなのですが、雪道でこれからも使用できるかどうか、ちょっと心配。どのように判断すればよいのでしょうか?

A

残り溝の定期点検を行い、偏摩耗がないかなどスタッドレスタイヤのコンディションを正しく把握しましょう。

スタッドレスタイヤは残り溝が新品時の50%未満になると冬用タイヤとして使用できなくなります。定期的に点検を行うことでスタッドレスタイヤの状態を把握し、また空気圧をこまめにチェックするなどして偏摩耗を防ぎ、性能の低下を抑えましょう。もし現在の状態がご自分で判断しづらいようでしたら、コクピットの無料点検をご利用ください。

VRX2

残り溝は「プラットホーム」が露出しているか否かで判断

夏用タイヤとしての摩耗による使用限度は、残り溝の深さが1.6mm以上と決められており、その目安として「スリップサイン」が設けられています。しかし積雪路や凍結路を走行する冬用タイヤは、残り溝が新品時の50%以上あることと定められています。その使用限度を示すものとして、スタッドレスタイヤに設けられているのが「プラットホーム」です。

プラットホームはスリップサインと同じようにタイヤのトレッド(接地)面にあり、これが露出していれば溝の深さが50%未満となって冬用タイヤとして使用できなくなります。溝が浅くなると雪道における駆動力、制動力が不足します。タイヤサイド部の4ヵ所(90度間隔)に表示された矢印(↑)が示すトレッド面にありますので、定期的に点検しましょう。

また、ブリヂストンのスタッドレスタイヤ、BLIZZAKの残り溝のチェックは、100円玉を使って簡単に行うことができます。100円玉をイラストのように溝に差し込んで、「1」の数字が見えたら残り溝が半分以下になった目安となります。

残り溝はプラットホームが露出しているか否かで判断
サイド部の4カ所(90度間隔)に矢印(↑)で表示
100円玉を使った残り溝のチェック
イラストのように100円玉を溝に差し込んで「1」が見えたら要注意

コクピットではスタッドレスの無料点検をいたします

適正空気圧

冬を迎える前にスタッドレスタイヤを装着する際には、必ずタイヤの空気圧をチェックしてください。タイヤの空気は夏の保管中、自然に減少しています。また、冬の走行中にも減りますので月に一度は空気圧を点検し、適正空気圧に保って使用するよう努めましょう。なお、適正空気圧はクルマの運転席側ドア付近、もしくは給油口(輸入車)に書かれています。

空気圧が適正値よりも低いと燃費が悪化したり、異常摩耗が発生しやすくなり、タイヤ本来の性能を十分に発揮できなくなる場合があります。スタッドレスタイヤの性能を発揮させるためには、適正空気圧で使用することが大切です。

空気圧不足などでトレッドが偏摩耗していると、タイヤが均一に接地できなくなるので氷上性能が低下します。偏摩耗の抑制には空気圧のほか、定期的にローテーション(タイヤの位置交換)を行うことやアライメントを正しく調整することも重要です。

ローテーション(タイヤの位置交換)
デプスゲージでのチェック

さらに、トレッド面のゴムのやわらかさも大切です。スタッドレスタイヤが氷雪上で滑りにくいのは、やわらかいゴムが氷路面に密着するからです。ブリヂストンのスタッドレスタイヤ「BLIZZAK」は発泡ゴムを採用し、ゴム内の多数の気泡でやわらかさを確保。これにより氷上性能が低下しづらいのですが、もし、ご使用になっているスタッドレスタイヤの状態についてご自身で判断がつかないようであれば、ぜひコクピットにご相談ください。ゴムの柔らかさを硬度計で確認するほか、残り溝を測るデプスゲージでのチェックなど専用器具を用いて無料診断いたします。もちろん空気圧も無料で点検。コクピットではVRX2、VRX、DM-V2など、ブリヂストンの「BLIZZAK」を扱っておりますので、交換についても安心してお任せください。

スタッドレスに関するご相談はコクピットへ

スタッドレスタイヤはホイールセットで用意するのが賢い

スタッドレスタイヤに交換する際、夏タイヤと同じホイールに組み替える方法もありますが、何シーズンも“組んで、外して”を繰り返すと、タイヤが傷みやすくなります。でそこで、スタッドレスタイヤはホイールとセットでの交換をおすすめしています。

冬用としてホイールとセットで購入される場合に人気なのが、ブリヂストンのホイールブランド、ECO FORME(エコフォルム)やBALMINUM(バルミナ)の防錆性能を強化したモデルです。融雪剤をたくさん使用する地域でも錆びにくく丈夫で、スタッドレスタイヤにぴったりです。

また交換時には、純正ホイールへスタッドレスタイヤを組み込み、夏用はお好みのアルミホイールをチョイスしインチアップするのも賢い選択。クロス交換とかクロス履き替えなどと呼んでいますが、ドレスアップを楽しみたい方に好評です。このようにスタッドレスタイヤのホイールセットを用意しておけば、履き替えがスムーズに行えます。コクピットのタイヤ保管プログラム「タイヤクローク」を利用すれば、さらに便利ですね。

スタッドレスタイヤはホイールセットで用意するのが賢い
ECO FORMEの詳しい情報はこちら
ホイール選びの詳しい情報はこちら

運転のしやすさや安心感を高めるアライメント調整

スタッドレスタイヤへの履き替えのタイミングでおすすめしているのが、タイヤの接地角度を最適に整えるアライメント測定・調整です。アライメントがずれていると、せっかく高性能なスタッドレスタイヤを装着しても偏摩耗を起こしたりしてタイヤの寿命が短くなってしまいます。

また、雪が積もったり、凍結している路面では、アライメントが狂っているとクルマがまっすぐ走らない、滑りやすいなど、不具合をより実感しやすくなります。スタッドレスタイヤの走行性能をしっかりと発揮させるために、タイヤ交換に合わせてアライメント調整を行うことをおすすめします(タイヤ交換で混雑する繁忙期は同時作業が難しい場合、時期を少し前後させていただく場合もあります)。

アライメント調整
アライメント調整

降雪地で高い支持を受けているスタッドレスタイヤ「BLIZZAK」

1988年の登場以来、多くのユーザーに愛されてきたBLIZZAKブランド。それは、「発泡ゴム」をはじめとして、独自技術を絶え間なく進化させることで実現した性能に対し、高い評価を得ているからにほかなりません。

乗用車向け商品ラインアップは、プレミアスタッドレス「BLIZZAK VRX2」を筆頭に、「BLIZZAK VRX」やSUV/4×4用スタッドレス「BLIZZAK DM-V2」のほか、ランフラットテクノロジーを採用した「BLIZZAK RFT」を、また商用車用としては「BLIZZAK VL1」「BLIZZAK W979」などを用意しています。

コクピットでは11〜2月といった本格的な降雪シーズン以外の時期にも、スタッドレスタイヤの取り扱いを行っています。とくに毎年9月からは早期予約を承っていますので、雪が降ってから困らないためにも早めの準備をおすすめします。

スタッドレスタイヤ「BLIZZAK」
VRX2

氷路面でのブレーキ性能、静粛性、摩耗ライフを向上させた「VRX2」

BLIZZAKシリーズのフラッグシップといえる「VRX2」は、進化した発泡ゴム「アクティブ発泡ゴム2」をはじめ「非対称パタン」、「マルチアングルグルーブ」、「Wシェイプブロック」などの技術を搭載することで、従来のVRX対比「氷上ブレーキ10%短縮」、「摩耗ライフ22%向上」、「静粛性向上(騒音エネルギー31%低減)」*と大幅に性能を向上。さまざまな冬道でより“しっかり曲がり、止まり”“静かで”“長く使える”、ブリザック史上最高性能を実現しています。また、装着初期から優れた氷上性能を確保するため、「マイクロテクスチャー」という微細な凹凸をトレッド表面に施し、高い除水性能を実現しています。
*詳しくはブリヂストン・タイヤサイト をご参照ください。

VRX

信頼され続けているメジャースタッドレス「VRX」

BLIZZAK VRXは、親水コーティングを採用するなどして路面の水膜を積極的に除去する「アクティブ発泡ゴム」のほか、「新非対称パタン」「新非対称サイド形状」の3つの技術を搭載し、優れた性能を実現しています。
さらにVRXはドライ路面やウェット路面などさまざまな冬道で優れた性能を発揮し、燃費など環境性能も高めています。雪国で高い支持を受けているブリザックですが、実は雪のない道路における走行性能にも注目したスタッドレスタイヤなのです。

DM-V2

冬道でSUV/4×4の走りをサポートする「DM-V2」

VRXに採用され、高い評価を得た「アクティブ発泡ゴム」。これを搭載したSUV/4×4専用スタッドレスタイヤが「BLIZZAK DM-V2」です。
また、アクティブ発泡ゴムの搭載だけでなく、トレッドデザインを一新したのもDM-V2の注目点で、さまざまな冬道で優れた性能を発揮するパタンを採用。サイプの切れ込みを断面の途中で3次元状にジグザグに変化させ、隙間には柱の役割を果たすプロップ・ホームを搭載した「3Dホールドスクラムサイプ」によって走行安定性を高めました。さらに表面には、「マルチグルーブ」を設置。刻まれた溝が交差するポイントを増やすことで、取り込んだ雪を従来以上に強く押し固め優れた性能を発揮します。

商用モデル/ランフラットタイヤ

車種にあわせた商用モデルやランフラットタイヤも用意

BLIZZAKシリーズには乗用車向けだけでなく、「働くクルマ」のためのスタッドレスタイヤも用意されています。例えば、バン・小型トラック(1t クラス)用の「BLIZZAK VL1」、そして小型トラック・バス用(1~3.5tクラス)の「BLIZZAK W979」。どちらも「LT専用メガ発泡ゴムⅡ」を採用し、ドライ路面(乾いた路面)における高い走行性能と、摩耗ライフを両立しました。またブロック剛性を維持する「3Dコンビネーションサイプ」を最適配置することで接地性をアップし、高い耐偏摩耗性能と氷上性能の向上を実現しています。
さらに、空気圧がゼロになっても走行可能*な「ランフラットテクノロジー採用タイヤ(ランフラットタイヤ)」の「BLIZZAK RFT」も用意し、ランフラットタイヤが標準装着される車種への対応も行うなど、BLIZZAKには幅広いラインアップが揃っています。もし、どのモデルが愛車にぴったりなのかお悩みなら、ぜひコクピットにご相談ください。
∗実際に走行できる距離については、車両オーナーズマニュアルをご参照ください。

BLIZZAKのラインアップの詳しい情報はこちら
スタッドレスに関するご相談はコクピットへ
関連記事を検索する
  • フリーワード

クルマでワクワクしたいみなさんのために、
日頃のメンテナンスのポイントからカスタマイズのヒント、
魅力いっぱいの新製品情報までさまざまな情報を発信中。

page top

FacebookもチェックCOCKPITオフィシャルFacebookアカウント