STAFF IMPRESSION ON THE TEST COURSE

STAFF IMPRESSION

さらに進化を遂げたREGNOの優れた性能を体感

“グレートバランス”がさらに進化したフラッグシップタイヤを、
多彩なコースが設けられた試乗研修で徹底的にチェック!!

静粛性、乗り心地はもちろんのこと、運動性能や直進安定性も向上した“REGNO GR-XⅡ”。そのパフォーマンスを、全国の店舗からコクピットのスタッフが集い、確かめる機会がありました。さて、ブランドコンセプトである“グレートバランス”がさらに進化した“REGNO GR-XⅡ”に、コクピットのスタッフはどのような印象を抱いたのか? 高速周回路やハンドリング路など多彩なコースが設けられた施設における試乗で、その優れた性能を体感したスタッフの声をお届けします。

STAFF IMPRESSION

Test Drive Outline

定評のある静粛性・乗り心地はもちろんのこと
運動性能もチェックできるメニューを用意

REGNO GR-XⅡの試乗は、広大な敷地の中にさまざまなコースが設けられたプルービンググラウンドで行われました。試乗車として用意されたのはトヨタ・クラウン ハイブリッドで、前後とも215/55R17サイズのREGNO GR-XⅡを装着しています。
試乗コースには、さまざまな走行状況を想定した4つのセクションが設けられています。スタートして直線路に入るとスラローム区間を走行し、そのまま大きなコーナーを経てハイスピード走行を体験。さらにレーンチェンジにおける挙動をチェックすると、最後に複数のパネルを敷いて凹凸を再現した路面を走ります。実際にハンドルを握って運転するのはもちろん、助手席と後席にも同乗してそのドライビングフィールを確かめました。

STAFF IMPRESSION:REGNO GR-XⅡ

素早いステアリング操作を行いながら
スラロームにおける素直な反応に感心

等間隔に置かれたパイロンを縫うようにして走行するスラロームコースでは、40km/h前後で走行。右へ左へとステアリングを何度も切り返すことになり、クルマも左右に振られますが、不快な揺り戻しやタイヤのよれを感じることなく、スムーズに走行することができました。優れた快適性とともに、タイヤのしっかり感も印象的です。

STAFF IMPRESSION:REGNO GR-XⅡ

100km/h前後のハイスピードレンジにおける
優れた直進安定性や快適性もチェック

スラロームコースを抜けると、すぐ右に大きく曲がるコーナーを加速。さらにストレートに入ると80~100km/h 程度に速度を増し、高速走行時の印象をチェックします。最もスピードが出るセクションですが、REGNO GR-XⅡを装着したクラウン ハイブリッドは優れた直進安定性を披露。その速度域でも乗り心地がよく、室内の高い静粛性も確認できました。

STAFF IMPRESSION:REGNO GR-XⅡ

素早い操作によるレーンチェンジの挙動で
タイヤのしっかり感や反応のよさを確認

直進中に60km/hから素早い操作でステアリングを切り込むセクションは、レーンチェンジを想定した試乗メニューです。ふらつきや揺り戻しなど不快な印象はなく、スムーズに車線変更ができたほか、レスポンスの良さを感じ取ることができました。また、助手席や後席でも、クルマの動きがしっかりしているように感じられるという声を多く聞きました。

STAFF IMPRESSION:REGNO GR-XⅡ

パネルを敷き凹凸路を再現したセクションでは
スムーズでしなやかな乗り味と静粛性を体感

舗装路面に間隔を空けてパネルを配置するとで、凹凸のある路面を再現したセクションは、20km/h程度で走り抜けます。パネルを踏み越える際のショックの伝わり方や、室内へのノイズの侵入を確認しましたが、REGNO GR-XⅡは快適性を追求したコンフォートタイヤだけあって、そのしなやかなクリアのしかたがとても印象的でした。

STAFF IMPRESSION:REGNO GR-XⅡ

試乗したコクピット・スタッフは優れた性能をこんなふうに感じました!

コクピット 107 菊池 秀美 店長

「さまざまな場面で感じる優れた静粛性は、REGNOファンに満足いただけるはずです」

コクピット 107 菊池 秀美店長
REGNOはリピーターが多いのですが、GR-XⅡもみなさんに自信を持っておすすめできます。冬期はスタッドレスでも静粛性の高いBLIZZAK VRX2を使用されているお客さまが多く、みなさん夏タイヤにも静かさを求められます。優れた快適性を実現したGR-XⅡは、そんな要望にも応えてくれるタイヤです。
コクピット 福島 東谷 尚樹 店長

「大きな魅力である快適性に磨きをかけ、安心につながるしっかり感も実現しています」

コクピット 福島 東谷 尚樹店長
凹凸路での突き上げ感が少なく、揺れの収まりがいいことに驚きました。まるで上質な足回りに交換したような印象で、なおかつしっかり感があるから、より安心感を持って走行することができます。優れた静粛性も体感できましたが、それが摩耗時にも維持されるとのこと。この点も大きな魅力だと思います。
スタイルコクピット 桑名 山村 渉 スタッフ

「高速走行時の静粛性の高さなど、さらに進化したREGNOらしさが印象的です」

スタイルコクピット 桑名 山村 渉スタッフ
路面が滑らかでも、状態が悪くても乗り心地がよく、REGNOらしさを感じました。とくに高速走行時の優れた静粛性が印象的。またレーンチェンジを行った際には、ふらつき、揺り戻しが抑えられているので、より安心感を持って運転することができ、それは乗り心地のよさにもつながっていると思います。
コクピット シンコウ小倉 山田 博之 店長

「快適なのに運動性能も素晴らしい……コンフォートタイヤを超えた性能です」

コクピット シンコウ小倉 山田 博之店長
「乗り心地を第一に考えて開発されているから柔らかい」といったコンフォートタイヤに対するイメージは、このタイヤには当てはまりません。タイヤ全体に高い剛性感があります。高速走行時の優れた直進安定性やレーンチェンジにおけるしっかり感がとても頼もしく、気持ちよく運転することができました。
コクピット 名取 佐藤 克 店長

「運転が楽しくなる驚きの乗り味。もちろんドライバーも同乗者も快適です」

コクピット きねいわ 杵岩 厚志店長
優れた静粛性と乗り心地を十分に体感できましたが、ドライバーの操作に対する応答性のよさにも感心しました。試乗メニューのスラローム走行では、ハンドルの修正を行うことがほとんどなく思い通りに走れました。また、そういったシーンでも静かなのがいいですね。それは後席でも体感できました。
コクピット きねいわ 杵岩 厚志 店長

「とても静かで乗り心地がいいから、運転が楽になったように感じました」

コクピット 名取 佐藤 克店長
快適性の高さは、運転がより楽になることにつながると実感。街中だけでなくロングドライブでも、効果は大きいと思います。とくに静かさは印象的です。わずかにロードノイズが耳に届いても、それが心地いいものに思えました。また突き上げ感や揺り返しが少ないことは、後席でもはっきりと感じ取れました。

さらにこんな声も!!

運動性能の高さに驚きました。スラロームやレーンチェンジでも腰砕けになることなく、切り返しの収まりもいいのです。走りを楽しみたい方にもおすすめです。
(コクピット 56 三好 正哲 店長)
優れた静粛性や揺り返し・突き上げの少ない乗り心地のよさなど、REGNO GR-XⅡの素晴らしさは運転中だけでなく助手席や後席でも感じ取ることができました。
(コクピット モリオカ 及川 由幸 店長)
高速走行時の直進安定性の素晴らしさ、コーナリング時の優れた回頭性に驚かされました。REGNO GR-XⅡはストレスなく気持ちよく走ることができるタイヤです。
(コクピット 豊洲 鷲頭 潤一 店長)
ハンドリング性能の向上をはっきりと体感できました。優れた快適性能を実現していると同時に運転も楽しめる、グレートバランスがさらに高まったと思います。
(コクピット 55 朝子 誠 店長)
REGNO GR-XⅡ

REGNO GR-XⅡ

「REGNO」は、「直進安定性能」「ドライ性能」「ウェット性能」「静粛性能」「快適性能」「低燃費性能」「耐摩耗性能」という、タイヤに求められる7つの性能を高次元でバランスさせた“グレートバランス”をコンセプトとしたフラッグシップブランドで、なかでも優れた静粛性と乗り心地にご好評をいただいています。REGNO GR-XⅡ(レグノ ジーアール・クロスツー)は、さまざまな路面での新品時のノイズ抑制を従来品に対して更に進化させるとともに、摩耗時でも上質な静粛性が持続する技術を開発。加えて、優雅な乗り心地と運動性能を両立させるだけでなく、転がり抵抗を低減し、摩耗寿命も向上しています。

REGNO GR-XⅡはどんなタイヤなの?
REGNO GR-XⅡに関するお問い合せはコクピットへ

page top

FacebookもチェックCOCKPITオフィシャルFacebookアカウント