TEL
044-989-0660
平日・日曜・祝祭日 10:00~18:30 / 定休日:火曜日

CX-5の音質を向上♪ スピーカー+プロッセッサーを取り付け☆

2020年10月11日

久々のオーディオネタの更新になってしまいましたが、

本日ご紹介するオーディオカスタマイズは・・・

マツダ/KF型 CX-5

女性ヴォーカルがメインの曲などを普段から聞かれており、

純正スピーカーでは高音域のクリア感が足りず、マツコネのトレブルを調整しても

オーナー様が満足いく音質にはならない為に、

WEBでいろいろと調べた結果、「まずはスピーカーを交換しよう!」と決意され

以前に当店でCX-5にオーディオシステムを組んだ事例をHPでご覧になり、

当店にご来店をされました☆

コチラに施工事例の記事のURLを載せておきます♪

          ↓↓↓↓↓

https://www.cockpit.co.jp/shop/asao/tech/customize/70389/

 

 

今回CX-5の音質向上の為にご用意したのは・・・

パイオニア製 TS-V173S
       DEQ-1000AMZ

でございます☆

マツコネ内蔵アンプではV173を鳴らしきることはできないですが、

より艶のある音質や厚みのある音質を奏でてくれ、

なんといっても、純正TW位置に埋め込みが出来る事が、このスピーカーをチョイスした理由です♪

今回はより良い音質にする為に、

プロセッサーを追加して、マツコネでは設定できない、音質のセッティング機能を持たせます!!!

 

 

よりMIDスピーカー本来のクリアな音を奏でる為には

ドアチューニング

も必須のメニューとなります!!

当店ではお馴染みのオーディオテクニカ製のドアチューニング部材を使用し

ドアチューニングを行っていきます!!!

 

 

まずはプロセッサーの取り付けからです!

マツコネアンプはステアリングコラム下のパネルにあるので

パネルをバラしてアクセスしていきます!!!

 

 

この銀色のBOXがマツコネアンプです!

DEQ-1000A-MZはマツダ車専用設計なので取り付けはカプラーONです♪

ただ・・・配線がギチギチすぎて綺麗に配線処理を行うのが、

少々困難です。。。汗

 

 

プロセッサー本来は運転席のシート下に設置しました~☆

このプロセッサーにはRCAでのスピーカー出力やサブウーファー出力も備わっているので

パワーアンプやサブウーファーなど、さらにオーディオシステムUPも可能なんです☆

 

 

お次はスピーカーの取り付けと、ドアチューニングを行っていきます!!

CX-5は内張りを外す際に、1カ所だけ内張りを上にずらして外すクリップがあります。

これを知らないと、クリップを破損してしまうので要注意ですよ!!

 

 

まずは・・・

アコースティックコントロールシート

をスピーカー裏のドア鉄板に貼り付けます。

これは「吸音材」ともいい、スピーカー裏から出てしまう音がドア内部にこもってしまうと

残音の影響で音のクリア感がどうしても欠けてしまいます。

そこで!

この吸音材でドア内部に音がこもらないようにする、ドアチューニングのマストメニューです☆

 

 

さらに!!

サウンドプロテクト

をインナーバッフルに貼り付けます!

ドア内部に混入してしまう雨水によってスピーカー裏のマグネットは年数経過によって錆が発生し、

その錆によってスピーカーの寿命を低下させてしまいます。。。

このサウンドプロテクトはスピーカーマグネットの保護の為の、「スピーカーの傘」の役割です☆

 

 

あとはスピーカー近辺の樹脂パネルに制振材を貼りつけて、

樹脂パネルの強度UPをしました~☆

スピーカーの土台の強度UPをすると、音のクリア感がさらに向上し、音の厚みも出るようになります♪

車内に音を真っ直ぐに出す為に、

サウンドウェーブ

をスピーカーコーンの回りに取り付け、内部への音漏れ防止を図ります!!

さらに!!!

内張りを固定しているクリップには薄い緩衝材がついていますが、

スピーカーの振動によってカタカタっとビビり音が発生してしまいやすくなります。。。

ビビり音は不快な音ですし、せっかくの良い音を台無しにもさせてしまうので

クリップダンパー

で、よりしっかりしたクリップ専用の緩衝材にしました~☆

これにてスピーカー+ドアチューニングの施工取り付けは完成です☆

 

 

続いてはツィーターの取り付けをしていきます!!

Aピラーにある純正ツィーターを外してV173のツィーターを取り付けます!!

 

 

純正ツィーターを取り外し、埋め込むのに干渉してしまう突起部分を削ります!!

純正ツィーターに戻すこともできるように必要最低限の加工で済ませています。

 

 

このV173のツィーターはドンピシャにはまります!!

固定はホットボンドで簡単には外れないように固定しました!!

 

 

まるでワンオフでピラー埋め込みしたかのような仕上がりです♪

ぜひCX-5CX-8のオーナー様でスピーカー交換をされたい方は

V173がオススメです☆

 

 

パーツの取り付けが終わり、いよいよオーディオセッティングです!

もともとDEQ-1000A-MZには車種別でセッティングデータが組み込まれていますが

やたらツイーターが鳴りすぎていたり、音がバラついていたりというセッティングだったので

一からオーディオセッティングを行いました~☆

タイムアライメントでマツコネモニター付近にヴォーカルを集中させ、

長時間でも聞き疲れない、ナチュラルに近いセッティングにイコライザーを調整しました。

 

 

これにてCX-5のオーディオカスタマイズは終了です☆

オーナー様にも試聴して頂き、

オーナー様も聞いてニンマリするほど、遥かに音質が向上しました~☆

 

 

最近は足回りのご依頼が多い当店ではありますが、

オーディオのカスタマイズも実は・・・得意なんです!!

お気軽に音質の向上をされたい方はもちろん、パワーアンプを入れた本格的なカスタマイズも可能です!!

オーディオカスタマイズをご希望の方は、ぜひお気軽に当店までご相談下さい☆

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
サービス予約