TEL
022-274-1886
10時~19時 / 定休日:火曜日(4月、11月、12月は休まず営業してます)

点火プラグ、交換してますか?

2018年6月29日

こんにちは、櫻井です(^^)/

皆さん、いかがお過ごしですか?

 

 

本日は点火プラグの交換です♪

点火プラグは、エンジンの『燃焼室に装着されてる部品』で燃焼室に入ったガソリンと空気の混ざったガス『混合気』に着火・燃焼させて車を動かすパワーを作り出している部品です。

 

写真で見ると、下半分にネジ山があり、白い出っ張りの先と曲がった電極がついてます。拡大するとこんな感じです。

 

 

白い出っ張りの先から電極が見えてますね。燃焼室に顔を出した中心電極と外側電極(曲がった電極)の間の隙間(火花ギャップ)から高電圧をかけた時、火花が飛び混合気に着火・燃焼させているんです。 

ちなみに一回にかかる電圧は2万3万ボルトと言われており、家庭用コンセントの200300倍の電圧がかかっています。

 

さて、今回交換した点火プラグは、だいぶお疲れモードとなっておりました。

 

 

拡大するとこんな状態です。

 

 

たくさん仕事をしてきたのでしょう。煤で汚れ、中心電極もだいぶ角が取れ丸くなっており、火花ギャップも広がってます。

この状態では、ギャップにかかる電圧が分散され、混合気をうまく着火・燃焼させることが出来なくなり、『エンジンパワーの低下』や『燃費の悪化』などにつながります。

 

点火プラグの寿命は、一般的に15000~20000キロと言われており、長寿命のイリジウムプラグや白金プラグなどは10万キロもつと言われております。 ただ軽自動車や排気量の小さな車は、走る為にたくさんエンジンを回すので、寿命は短い傾向にあります。

 

ちなみに櫻井は2年ごとにプラグ交換を実施してます。2年使ったプラグは、まだまだ使えそうな状態なんですが、新品にするとやっぱりパワー感は良くなるんですよね♪

4~5速巡航しているとき、アクセルがいつもより閉じてるんですよ♪ ちょっとした坂道もそのまま上っていけるようになるんです(^^)

 

もし今お使いの愛車で、まだプラグ交換をしたことが無い方。10万キロ近く走行されている方。

一度、点火プラグを交換してみませんか?

 

 

※ 仙台 上杉 プラグ コクピット ※ 

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930