TEL
022-274-1886
10時~19時 / 定休日:火曜日(4月、11月、12月は休まず営業してます)

S660 オイルクーラー&メーター取付 パート1

2018年7月31日

〇〇様、この度は当店で部品のご注文ありがとうございました。

その後、おクルマの調子はいかがですか?

 

今回作業したクルマは、ホンダの誇る軽自動車本格スポーツカー「S660」になります。

2シーターでミッドシップ・オープンスポーツのS660。GT選手権で活躍しているNSXのようなスタイリングでカッコいいですね〜(^^)♪

 

さて、今回はこのクルマに「エンジンオイルクーラーの装着」とエンジンのコンディションを知るための「追加メーター取付」を行いました。

 

まずは、オイルクーラーの取付模様から♪

 

 

今回準備したオイルクーラーは、TRUST(トラスト)製のオイルクーラーになります。

青い部品がオイルクーラーのコアになり、S660用のコアはオイル通路が10段ありその通路をオイルが流れることにより放熱、冷却されたオイルが再びエンジン内に潤滑する流れとなります。  このキットには、コアにより風を当てる為の導風板もセットされているので、お買い得キットとなっております。

 

 

まずは通常のオイル交換と同じ手順で、エンジンオイルとオイルフィルターを取り外し、中のオイルが抜けるまで待ちます。  その間、アンダーカバーを外し仮組みしたクーラーコアを仮付けしてみます。

 

キットの中には、オイルクーラーを取り付けるためのステーが同梱されており、コアに取付後車体側に仮あてをし、どこにどういう角度でステーが固定されるかを確認します。

 

 

オイルがすっかり抜け切ったところで、オイルタンクの栓を締めエレメントが装着してあった部分に、センサーを取り付けたオイルブロック その1を取り付けます。 この時、センサーが補機類に干渉せず、マフラーの熱からあまり影響の受けない角度を探します。

 

 

オイルブロック その1を固定したら次は、オイルブロック その2を取り付けます。この部品には、エレメントを取り付け、オイルクーラーへのホースを接続する為、より慎重に角度決めを行い取り付けました。

 

パート2に続きます。

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031