TEL
011-896-1212
平日・日・祝日:作業、商談受付は10:00~18:00 まで 営業時間は10:00~18:30まで / 定休日:2日(水曜日)、8日(火曜日)、9日(水曜日)、16日(水曜日)、23日(水曜日)

TOKYO AUTO SALON 2017(東京オートサロン2017)ジャンル③ 日本車 & メーカー

2017年1月19日

東京オートサロン2017 で撮影した写真を紹介します。

枚数があるので ワタクシ“舘”が、勝手にジャンルを分けてみました。

先に紹介した オーバーフェンダー & インポートカー に被っていない車達を紹介しますネ。




こちら FORGIATO(フォージアート)ブースの

ホンダ NSX ショウカーとして バリバリの完成度

ボディーカラーも含めて とにかく目を引きますネ。




コクピットフィール“推しWORK(ワーク)のブース。





懐かしいなぁ~ EMITZ(イミッツ)NEWモデルで登場。

コクのあるデザインなので 履き方しだいで 他に差をつけた仕上げを作れそうですネ。



東京オートサロンで初公開♪

WORK ZISTANCE W5S(ワークジスタンス・ダブリューファイブエス)

同じデザインのディスクオーバーヘッド&サイドウィッチ・・・

簡単に言うと 表組み か 裏組み を選べるので

仕上げる方向性により ディスクの合わせ方も選ぶことが出来ちゃいます♪



写真 右側 極太リムの MEISTER L1 3PIECE(マイスター エルワン スリーピース)

極太のリムに気を取られがちですが

ディスクデザインも なかなか手が込んでいて オリジナリティあるデザインです。

写真 左側 メッシュデザインの

Gran Seeker CCX(グランシーカー・シーシーエックス)

Seeker(シーカー)シリーズ Seeker CX の流れを汲んでいますが

スリーピースなのと ナットホール周辺 センター部のデザインが新しくなり

重厚感が 更に ぐっ! とアップしています





懐かしのホイール達♪

DDCリムなんて 今見ると斬新なリム造形ですネ~





ARTISAN SPIRITS(アーティシャンスピリッツ) 




ROHANA(ロハナ)ホイール ブース






トヨタ&レクサスのオフィシャルチューナー TOM'S(トムス





BRIDGESTONE(ブリヂストン) のブース



POTENZA(ポテンザ)シリーズを主に モータースポーツをイメージした展示です。



確かな品質 Prodrive(プロドライブ)のホイールを展示。

出店されている他のブースでも Prodrive & POTENZA の装着車両を結構見かけましたよ。





コクピットフィール推し 足回りメーカー CUSCO(クスコ)






車高調はもちろんですが

各種アームボディ補強パーツ等も 高い品質でオススメ♪



ワタクシ“舘”も 車高調は初めとした CUSCO製パーツを 絶賛 愛用しています。。。



当店では MINIのシートカバー

取付しているケースが多い CABANA(カバナ)




フィッティングを含めた品質は間違い無し

なので取付の作業時間は結構かかっちゃいます・・・(汗

がっ!! 完成度は凄く高いですヨ。




ROWEN(ローウェン)ブース

こちらの展示車両 POTENZA & Prodrive の装着率が高いですネ。





白いフェラーリに 白いProdriveホイール スポーツ色はありつつ上品に合わせてますネ
















ホンダ S660 を3連発で紹介。

それぞれのオリジナル仕上げられていますが

いずれもショーカーとして完成度が高いです。





写真を整理していて気付きましたが

3台S660 いずれも WORK(ワーク)のホイールが装着されてますよ










いつもお世話になってます。 そして僕も使ってます♪ DIXCEL(ディクセル)





こちらも いつもお世話になってます。 MOTUL(モチュール)





こちらの展示車両も POTENZA & Prodrive の装着率が高い

LEXUSのチューナー NOVEL(ノヴェル)




ニュルを走った LEXUS IS-F

個人的に気になっちゃいます(笑





ウチの子♪ IS-Fも こんな内装にしたい

って思ったとか 思わなかったとか・・・(汗

ほとんど一人で乗っている為 これで十分 間に合う・・・?








ボディカラーとホイールのデザインチョイス、履き具合が良い感じ♪ の1台。




懐かしいですね~ R30 スカイライン 俗称 “鉄仮面

昨今のオーバーフェンダーブームのなかでも ブリスタータイプの原型でしょうか?



これは 可愛くて好きな1台

当時っぽい カラーリングや 旧車的なバーフェン&チンスポなど

全体に懐かしく作り込まれてます。



オープニングセレモニーには ピコ太郎さんも登場してました。


僕の個人的な感想 「なんで この車並べてるの?(汗」って 展示車両は今年は激減

と同時に 以前はブースを出していたメーカーさんが出展していなかったりと

昨年とは大きく変化を感じました。


展示されている1台1台の完成度は高くなっており

改めて 車高やホイール&タイヤの セットアップ の重要性を感じた

東京オートサロン2017 でした。


記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2021年6月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
サービス予約