コクピットQ&A

一覧へ

Q

TPMSってアルミホイールにしか付けられませんか?

タイヤ点検を怠っていたら、空気圧低下のまま走行して危うくタイヤをダメにするところでした。TPMSの装着を検討していますが、軽自動車の純正スチールホイールにも取り付けできますか。

A

TPMS B-11ならスチールホイールにも装着できます。

空気圧の見張り役「TPMS」にB-11が登場しました。好評をいただいていたB-01はアルミホイールへの装着が前提でしたが、B-11はスチールホイールにも対応。ホイールは純正スチールのままなのだけど……といった方にもおすすめできるようになりました。

TPMSってアルミホイールにしか付けられませんか?

スチールホイールに対応し用途を広げたTPMS B-11。

タイヤに異常がなくても、少しずつ低下する空気圧。月に一度は点検されることをおすすめしますが、気づいたらびっくりするほど内圧が下がっていた、という経験は多くの方にあるのではないでしょうか。タイヤを眺めただけでは分かりにくい空気圧低下……それを防ぐ強い味方がTPMSです。

TPMSはタイヤ空気圧モニタリングシステム(Tire Pressure Monitoring System)の略称で、ブリヂストンリテールジャパンが2011年より販売する「TPMS B-01」は、LED表示で空気圧低下をお知らせする確認しやすさとお手頃な価格で好評を得ていました。そんな魅力を引き継ぎつつ、新車時に装着されることが多いスチールホイールに対応したのが「TPMS B-11」です。

TPMSは、空気圧を計るセンサー機能と、計測したデータを室内に取りつけた受信機(LED表示部)に送る役目をバルブ部に持たせた「送信機」を、それぞれのホイールに取りつけます。一般的なバルブには2種類あり、主にアルミホイールは金属製のクランプインタイプ、スチールホイールは全体をゴムで覆ったスナップインタイプを装着していることが多く、これまでのTPMS B-01は前者にしか対応していませんでした。これをどちらにも取りつけ可能としたのがTPMS B-11なのです。

TPMS B-11

TPMS B-11

気づきにくい空気圧低下を確認しやすいLED表示でお知らせ。

TPMS B-11は空気圧の低下が目視では判断しにくいロープロファイルタイヤに履き替えるときにぜひ装着していただきたい商品ですが、その一方で日常の足としてお乗りになる軽自動車などにもフィットします。また、ランフラットタイヤをもともと装着していないクルマに取りつける「ビークルフリー」を行う場合には、ランフラットタイヤが装着可能なアルミホイールとともにTPMSを組み合わせる必要がありますが、こんな場合にもTPMS B-11がおすすめです。

TPMS B-11による空気圧の確認はとってもカンタン。コンパクトな受信機の前面にレイアウトされた「緑・黄・赤」の3つのLED表示によって空気圧の情報をドライバーに伝えます。4つのタイヤすべてが正常の場合は緑色、4つのタイヤのいずれかの空気圧が低下した場合、黄色(注意)もしくは赤色(異常)のランプが点灯します。

もし受信機の黄色いLEDが点灯したら、すぐにコクピットへいらっしゃってください。タイヤに異常がないか確認し、問題がなければ正常な空気圧に調整いたします。このようにコクピットではタイヤをはじめとする無料点検を実施していますので、ぜひご利用ください。

※TPMS B-11は一部ホイールに装着できない場合があります。
※ランフラットタイヤとはランフラットテクノロジー採用タイヤのことです。

空気圧正常:緑
■空気圧正常:緑
空気圧低下:黄(注意)
■空気圧低下:黄(注意)
空気圧低下:赤(異常)
■空気圧低下:赤(異常)
ビークルフリーって何ですか?

タイヤ・ホイールを車軸の真ん中に取り付ける
独自技術“センターフィット”をお試しください。

ブリヂストンが特許を取得し、お客さまに提供する独自技術「センターフィット」は、走行中の振動が軽減され、ハンドリング、直進安定性、コーナリング性能の向上にも寄与します。
「B-SYSTEMセンタリングマシン」と呼ばれる専用機具を用いて、特殊な振動を与えながらボルトの締め付けを行うことで、均一かつ正確にタイヤの中心を車軸に装着。コクピットでタイヤ・ホイール交換を行う際には、ドライブをより快適にしてくれる独自サービスの効果を体感してみてください。
※センターフィットを施工する場合は別途料金がかかります。

センターフィット
センターフィットってどんなサービスですか?
TPMS B-11に関するお問い合せはコクピットへ
関連記事を検索する
  • フリーワード