TEL
044-989-0660
平日・日曜・祝祭日 10:00~18:30 / 定休日:火曜日

大好きな1台を蘇らせる!!!

2020年11月14日

トヨタ カローラツーリングワゴン 

一時代を築いたと言っても良いのではないでしょうか…

カロゴン

登場です♪

初代は1991年 

結構当時は流行ってましたよねぇ~☆

AE101型に至っては

心臓は YAMAHA製 4A-GE 搭載で、6速MTグレードまで有ったのですからね!

 

 

ちょっと見えづらいですが

ナンバープレートは 世田谷 !!!

当HPをご覧頂き、門を叩いて頂きました☆

オーナー様は、探しに探してこの1台をGETされたようで、、、

「これから大事に乗っていきたい!」

「その為に、色々直す必要が有り、どこに相談しようか迷ってた」

との事でした!

自身が担当する作業は、比較的「甦れ!!」シリーズが多いのも事実。。。

そんな記事をお読みになり、ご来店頂き

その上、今回の入庫となりました♪

 

 

車輛の走行距離は、101595km。

ぼちぼち走行を重ねている車両でしたが

点検結果では機関良好♪

とは言え、経年劣化と共にくたびれている箇所は点在。

エンジンやトランスミッションは問題なさそうなので、

ひとまず気になる点から着手していきましょう!

と言う事で

まずは

足回りリフレッシュ

から始めます!

 

 

使用するのは定番の

KYB NEW SR SPECIAL

でございます!

劣化し、底なしの様にグネグネ動いてしまう足回りに・・・喝!!!!!笑

キビキビした運動性能を取り戻しましょう♪

 

 

これまでの同じような作業と同様に、純正部品等も組み合わせてリフレッシュいたします!

当初、オーナー様からは・・・

「アームブッシュは大丈夫??」

との話も有りましたが、当然やるに越した事はありませんが

一気にやる必要が有るかと聞かれれば、無いと答えられるような状態でした。

アームに使われているブッシュ(ゴム製品)はショック等に使われているゴム製品よりも

圧倒的に耐久性が高く、そう簡単には破損しません!

当然やれはしますが、自身の意見としては 後回し♪ で良し!

ショックを蘇らせてから考えても遅くありません。

 

 

とりあえずリアから着手致しました。

スプリングは再利用☆

オーナー様はローダウン等は 「したくない」 との意向でしたので!

スプリング以外を新品にて復活させます♪

 

 

スプリングを抜き、用済みとなった純正品。。。。。。

お判りでしょうか!?

ショックが下がったまま戻りません!!!笑

完全に抜けきっている状態です。

いわば入庫時の車両はバネの反力だけで動いていた感じ☆

ブヨヨォ~ンッ!!ってね。

 

 

そのせいかアッパーをバラし覗いてみると・・・

赤黒っぽいもの見えますでしょうか??

これはバンプラバーの痕跡です。。。

こちらも完全に砕け散ってますね☆

底なしショックですわ!

 

 

こちらはスタビライザーブッシュ。

当然、どちらが新品か判断出来ますよねぇ~☆

明らかに穴が広がってしまってます!

その上、 カッチカチやぞ!

 

 

こちらはスタビリンク。

純正品はグリス漏れの形跡ありますな。

リンク部のボールジョイントが劣化してしまうと

スタビライザーへの入力感度が鈍くなり、反応が遅くなったりしてしまいます。

ここは法定点検でも点検箇所に含まれておりますので、よく交換される車両も多いかと!

 

 

組み上げた部品を元へ戻し

交換すべき部品を交換し

作業は完了。

 

 

スプリング以外ショックアブソーバー一式

スタビブッシュ、リンクを交換しました。

 

 

そして作業中に気付きました。

ハブの錆付きに!!!!

 

 

ワイヤーブラシで磨いた後に

当店で施工を実施している 防錆コーティング を実施しました☆

 

 

いんやぁ~~~~汗!

色々と難儀でした。。。。。

固着との戦いですな!

まぁ想定内ではございましたが

エグイ箇所は想像以上にエグかったぁ~~~~・・・・・・泣汗。。。。。

今日はこの辺でフィニッシュしますZZZZZZZZZ

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
サービス予約