TEL
0134-24-1700
AM10:00~PM7:00 / 定休日:火曜日

脱輪してしまうと大きな代償が・・・

2018年4月7日

本日ご紹介のお車は・・・

 

 

いつもご利用いただいているFord フォーカスのお客様のお嬢様のパッソが入庫

なぜかと言うと・・・

「脱輪してしまい車が真っ直ぐ走らない」との事

 

早速診断です・・・

 

 

右前のキャンバーがつき過ぎており(-1°ほどネガティブ)

トーに至っては、異常値!と思うほどのトーインでございます。

(キャスターも載っていませんが左右差があったとの事)

 

早速、ヒットしてしまった箇所の部品を手配いたします。

 

 

ショックアブソーバーと予防でロアアームもオーダーです。

早速、交換に移ります。

 

 

右前のタイヤを外し、ショック&ロアアームの取り外しです

 

 

アッパーやサスペンション等は再使用いたしますので取り外し

新旧ショックを比較・・・

 

 

お分かりいただけますでしょうか?下のショックがわずかに曲がっているのが・・・

(一応、段ボールの折り目に沿って置いたのですが)

 

そして・・・

 

 

ロアアームも交換済みです!

サスペンションを戻したショックも戻し

 

 

足回りは完成です!

再度、アライメントを再測定!

 

 

果たして結果は・・・

 

 

修理した右側のキャンバーが0°00'まであと一歩でしたが、現状では限界でしたので

お客様へお伝えし、トーのみ調整し作業完了です!!

 

そして、後日・・・

 

 

お父様のFord フォーカスも、オイル交換にてご来店いただきました。

お二方とも、当店のご利用誠にありがとうございました。

 

アライメント測定&調整はコクピットエイジまで!!

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30