TEL
089-973-0056
AM10:30~PM7:00   / 定休日:火曜日 水曜日

レクサス GS-F オーリンズ装着

2020年10月8日

 

本日の作業。。。

レクサス GS-F(URL10)にオーリンズダンパーキットの装着です。

 

 

「F」のエンブレムに相応しいダンパー、オーリンズDFVキット。

DFVとは“デュアル・フロー・バルブ”を意味するオーリンズ・サスペンション・テクノロジーの集大成。その構造は伸び側、圧縮側それぞれのバルブセッティングが独立して行え、ストロークを犠牲にしないようコンパクトに仕上がっています。(以下HPより引用)

http://ohlins.czj.jp/auto/Technology/DFV.html

最近のショックアブソーバーのセッティング傾向は、突き上げ感のある硬い乗り心地を嫌い、縮みは低く、伸びは高めの減衰力が主流となっています。特性は低速域を重視し、低速域を高く、高速域は低くなるよう全体に寝かせたカーブとなっています。この特性は運動性と乗り心地を両立させる上で非常に有効な手段ですが、縮みに対して伸びが著しく高い(特に低速域)セッティングは多くの場合、ギャップを越えた後にドスンという不快な落下Gを感じることにつながります。

DFVを投入することにより、高すぎる傾向になる中速から高速域にかけての減衰力を適切にカットすることが可能です。これにより低速域はしなやかさと運動性能を両立した特性のまま、乗り心地にも優れた理想的な減衰力特性を実現しています。

 

 

 

組付け時にはスプリングシート、ダンパー調整ねじ部分に防錆材をしっかり塗布します。

 

 

 

 

リヤダンパーの減衰力調整はトランク内張り部分を加工させて頂いて、フレキシブルダイヤルを装着。

 

 

仕上げはアライメントセッティング。

ホイールエクステンダーを使用し、直進安定性を重視したセッティングを施します。

 

 

お待たせいたしました!

 

 

記事検索

※車種・商品等で記事の検索ができます

  • メーカー

  • 車種

  • 商品

  • サービス

  • 記事指定

  • フリーワード

カレンダー

<<2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
サービス予約