COCKPIT CUSTOMIZECAR CONTEST 2017

コクピットカスタマイズカーコンテスト2017

COCKPIT CUSTOMIZECAR CONTEST 2017

総勢253台のエントリー車両から、WEB投票により選ばれた各クラスの1位〜3位までの車両をご紹介します。

COCKPIT CUSTOMIZECAR CONTEST 2017
  • 後期エントリー車両一覧
  • 後期受賞車PICK up

軽自動車

こだわりのパーツチョイスが光るN-ONEが1位をゲット。S660やアルトワークスなど最新スポーツも人気だが、カプチーノやL700ミラ、エッセなどで走りを追求する参加車も高い支持を受けており、タイヤはPOTENZA Adrenalin RE003が人気。

ホンダN-ONE コクピット55
  • スズキ・カプチーノ コクピット館林
  • ダイハツ・ミラ L700V コクピット館林

コンパクト国産

カスタムの好素材、スイフトスポーツやフィット、デミオ、ヴィッツなど多彩なモデルがエントリーするなか、それらを抑えてマーチカブリオレがトップに。POTENZA Adrenalin RE003はコンパクトにも相性良し。

日産マーチ・カブリオレ コクピット相模原
  • スズキ・スイフトスポーツ コクピット福島
  • フィット GD3 コクピット前橋

コンパクト輸入

ミニとフィアット500が大半を占めたが、POTENZA S001で快適性と操安性を両立した現行3ドアハッチJCWがワンツーフィニッシュ。3位の限定モデル、R56 JCW GPはProdrive GC-05Nの装着で変身。

ミニ JCW F56 コクピットモリオカ
  • ミニ JCW F56 スタイルコクピットフィール
  • ミニ JCW GP コクピットさつま貝塚

セダン・ワゴン・ハッチ国産

新旧幅広く目を引くモデルがエントリーした最激戦クラスは、カスタマイズでスポーティ色をグッと強めたセダンが3位までに並ぶ。

レクサス GS450h コクピット豊洲
  • トヨタ・マークⅡ JZX110 コクピット福島
  • スバル・インプレッサ WRX STI スタイルコクピットフィール

セダン・ワゴン・ハッチ輸入

BMW、VW、アウディ、M.B.など強豪ドイツ勢を引き離し、個性的な足回りカスタマイズで注目のフレンチハッチが1位に。

プジョー308 スタイルコクピットフィール
  • BMW 525i ツーリング コクピット館林
  • VW ゴルフⅣ GLi スタイルコクピットフィール

スポーツ国産

86&BRZが15台エントリーするなか、エアロで武装した80スープラが栄冠に輝き、NAロードスターやS15シルビアなどネオクラシックも健闘。高性能ラジアルRE-71Rが人気だが、POTENZA S001の装着率も高い。

トヨタ・スープラ コクピット相模原
  • トヨタ86 コクピット55
  • 日産スカイラインGT-R コクピット館林

スポーツ輸入

個性溢れるモデルが揃ったこのクラスにあって、際立つ存在感で圧倒したケータハム・セブンが1位。魅力溢れるタイヤ&ホイールチョイスが目につくこのクラスだが、タイヤはPOTENZA S001が定番的存在。

ケータハム セブン 160 コクピット福島
  • フォード・マスタング コクピット藤枝
  • メルセデスAMG SL63 コクピット21大阪

ミニバン

スタイリッシュなアルファード/ヴェルファイア勢が多数を占め、順当に上位へ。一矢を報いたエスティマを含め、タイヤは優れた静粛性と乗り心地に定評のあるREGNOの装着率が高く、インチアップ&ローダウンしつつ快適性に対するこだわりもうかがえる。

トヨタ・アルファード コクピット館林
  • トヨタ・エスティマ スタイルコクピットフィール
  • トヨタ・ヴェルファイア スタイルコクピットフィール

SUV

本格オフロード系を除けば、SUVもインチアップ&ローダウンでスタイリッシュに仕上げるのがイマドキ。C-HRやハリアーは、さらに純正エアロをまとって精悍に装うオーナーも多い様子。2017年登場のプレミアムSUV向けタイヤ、ALENZA 001の装着が目立つようになってきた。

三菱アウトランダーPHEV コクピット福島
  • ランドクルーザー200 コクピット城南
  • トヨタ・ハリアー スタイルコクピットフィール