コクピットQ&A

一覧へ

Q

ECOPIA NH100シリーズについて教えて

ブリヂストンの「ECOPIA」は優れた低燃費性能を実現したタイヤですが、ECOPIA NH100シリーズにはどのような特徴がありますか。

A

安全性と経済性をしっかり両立した車種別専用低燃費タイヤです。

安全性能や操縦性能、ライフ性能などタイヤに求められる諸性能を高次元で維持しながら、転がり抵抗低減を実現した低燃費タイヤブランド「ECOPIA」の新しいモデルが、「ECOPIA NH100シリーズ」です。ウェット性能・ライフ性能を高め、安全性と経済性をしっかり両立。さらに車種専用設計を行い、「ECOPIA NH100」「ECOPIA NH100 RV」「ECOPIA NH100 C」を用意しているのも特徴です。

ECOPIA NH100シリーズ

7つの性能を追求したブリヂストンのスタンダードタイヤ

ブリヂストンは「直進安定性、ドライ性能、ウェット性能、低燃費性能、ライフ性能、静粛性、乗り心地」という7項目を、タイヤの大切な性能と考えています。これを高次元で実現した低燃費タイヤブランド「ECOPIA」の新商品が、2017年2月発売の「ECOPIA NH100シリーズ」です。
「ECOPIA NH100シリーズ」はクルマの特徴や使われ方を考慮し、車種専用設計を実施。それぞれの車種で発生しやすい偏摩耗を抑制し、タイヤを長くご使用いただくことも目指しています。発売サイズは、セダン・クーペ専用の「ECOPIA NH100」が21サイズ、ミニバン専用の「ECOPIA NH100 RV」が19サイズ、軽・コンパクトカー専用の「ECOPIA NH100 C」が27サイズを用意しています。

ECOPIA NH100
ECOPIA NH100
ECOPIA NH100 RV
ECOPIA NH100 RV
ECOPIA NH100 C
ECOPIA NH100 C

最新の独自技術を採用し、転がり抵抗と摩耗寿命性能を向上

「ECOPIA NH100シリーズ」は、低燃費・安全性・静粛性・耐久性など求める性能に応じて、ゴムの構造を100万分の1ミリ単位で自在にコントロールし、タイヤのパフォーマンスを極限まで引き出す為に生まれた超微細技術「ナノプロ・テック」を投入。さらに2種類のポリマーを組み合わせた「エコ効きもちゴム」を新たに採用することで、ウェット性能・ライフ性能と低燃費性能の両立化を図っています。また耐摩耗最適化形状と、ブリヂストン独自の徹底したシミュレートおよび計測技術であるULTIMAT EYE™により接地圧を均等にしたほか、路面と接するトレッドゴムの剛性を高める「剛性コントロールシート」を採用することで、高い耐摩耗性能を実現しています。

最新の独自技術を採用し、転がり抵抗と摩耗寿命性能を向上

タイヤ・ホイールを車軸の真ん中に取り付ける
独自技術“センターフィット”をお試しください。

ブリヂストンが特許を取得し、お客さまに提供する独自技術「センターフィット」は、走行中の振動が軽減され、ハンドリング、直進安定性、コーナリング性能の向上にも寄与します。
「B-SYSTEMセンタリングマシン」と呼ばれる専用機具を用いて、特殊な振動を与えながらボルトの締め付けを行うことで、均一かつ正確にタイヤの中心を車軸に装着。コクピットでタイヤ・ホイール交換を行う際には、ドライブをより快適にしてくれる独自サービスの効果を体感してみてください。
※センターフィットを施工する場合は別途料金がかかります。

センターフィット
ECOPIA NH100シリーズに関するお問い合わせはコクピットへ
サイト内の関連記事をキーワードから検索する
  • キーワード

ECOPIA NH100シリーズの詳しい情報はこちら
センターフィットってどんなサービスですか?