コクピットQ&A

一覧へ

Q

美しいホイール、CRS 161について教えて。

ECO FORMEシリーズに加わった、CRS 161というモデルの繊細なデザインが目にとまりました。どのようなアルミホイールですか。

A

ダブルフェイスデザインをさらに進化させ、上質さを表現したホイールです。

ECO FORME CRS 161は、メインスポークとサブスポークを絶妙に重ね合わせた立体感のあるダブルフェイスデザインが、クルマの魅力をさらに引き立たせるホイールです。表面切削加工を施すことで、シャープなイメージも演出しています。

美しいホイール、CRS 161について教えて。

豊かな表情でドレスアップニーズにも対応するCRS 161

幅広い車種に対応し、豊富なデザインを揃えた環境対応アルミホイール「ECO FORME(エコフォルム)」に、CRS 161が加わりました。CRS111のデザインエッセンスを継承し、2スポークからなるダブルフェイスデザインに改良を加え、より立体感のあるデザインを実現。また高級品に施されるアンダーカットを採用し、よりこだわりのある上質なデザインに仕上げた新たなアルミホールがCRS161です。もちろんECO FORMEのラインナップですから、省資源の追求や環境負荷軽減といった環境対応アルミホイールとしての基本性能を確保。サイズは14インチから19インチまでを用意しています。

ECO FORME(エコフォルム) CRS 161

非対称な2パタンのスポークが独特の立体感を演出

極細カッティングサーフェスを施したメインスポーク、そしてスポークとリムエンド結合部の高さが異なるサブスポーク。この2種類のスポークが織りなすアシンメトリーバランスによって、縦方向の立体感にこだわった高いデザイン性がCRS 161の見どころです。 4穴は8本ツインスポーク、5穴は10本スポークとなりますが、センターからスピンアウトしながらリムエンドに向かって伸びていくスポークが大口径感を強調。CRS 161は、ドレスアップアイテムとして高い効果を発揮するスタイリッシュさを湛えています。

非対称な2パタンのスポークが独特の立体感を演出

細部にまでこだわり、環境対応とデザイン性を融合

細かい部分ですが、ボルトホールのデザインにもCRS 161ならではのこだわりが込められています。純正車載工具の使用が可能な取り付け孔径(ボルト取付孔ザクリ径φ32)を確保しながら、周辺を複数のアールが重なり合った形状とすることで、ボルトホールの大きさを感じさせない仕上がりを実現。また、鋳造リムスピニングの採用やアンダーカット技術など、デザインと軽量化を両立する加工を施し、省資源にも努めています。 カラーはブライトシルバーとピュアブラックの2種類を用意し、どちらも塗装後表面切削加工を施すことで高級感を演出。また、ECO FORME CRS 161は12色から自由に選べるオプションキャップに対応しており、さらに個性を際立たせたい方にもおすすめです。


ECO FORME CRS 161 ブライトシルバー
ブライトシルバー
ECO FORME CRS 161 ピュアブラック
ピュアブラック

タイヤ・ホイールを車軸の真ん中に取り付ける
独自技術“センターフィット”をお試しください。

ブリヂストンが特許を取得し、お客さまに提供する独自技術「センターフィット」は、走行中の振動が軽減され、ハンドリング、直進安定性、コーナリング性能の向上にも寄与します。
「B-SYSTEMセンタリングマシン」と呼ばれる専用機具を用いて、特殊な振動を与えながらボルトの締め付けを行うことで、均一かつ正確にタイヤの中心を車軸に装着。コクピットでタイヤ・ホイール交換を行う際には、ドライブをより快適にしてくれる独自サービスの効果を体感してみてください。
※センターフィットを施工する場合は別途料金がかかります。

センターフィット
センターフィットってどんなサービスですか?
関連記事を検索する
  • フリーワード

ECO FORMEの詳しい情報はこちら
ECO FORMEに関するお問い合せはコクピットへ