コクピットQ&A

一覧へ

Q

TEIN FLEX Z車高調の人気の理由を教えて

スプリング交換でローダウンしようと思っていましたが、TEIN FLEX Zも選択肢のひとつとして考えてはどうかとアドバイスされました。どんな特長がありますか。

A

全長調整式&減衰力調整式ながら
リーズナブルな価格を
実現しています。

TEIN FLEX Zは全長調整式、減衰力調整式、車種別専用設計マウント付属など、高品質&高機能な車高調です。にもかかわらず、新しい生産方式を採用することでお求めやすい価格設定を行い、豊富なラインナップを用意して幅広いユーザーにアピールしています。

TEIN FLEX Z車高調

高品質なフルスペック車高調で手軽に愛車の走りを変える!

車高調整式サスペンションには、用途に応じてさまざまな種類がありますが、車高を変えても乗り味の変化が少ない「全長調整式」、そしてショックアブソーバーの特性を走行状況に応じてアジャストできる「減衰力調整式」という機構が、充実したスペックの代名詞としてしばしば挙げられます。TEIN FLEX Zは全長調整式/減衰力調整式の車高調で、さらにスムーズにストロークすることで快適な乗り心地を確保しやすい「複筒式」という構造を採用しています。また、車種別専用設計のマウント付きで、クルマによってはキャンバー調整機構付きのピロボールアッパーマウント(ストラット用)も設定する充実ぶり。主にローダウンのスタイリッシュさとともに、自分好みの走りをストリートで満喫したいというユーザーにおすすめの製品です。
そして、このようなハイエンド製品と変わらないスペックを持ちながら、リーズナブルな価格を実現できた理由は、新たに開発した非分解式のシールド構造の採用にあります。これによって短時間で生産が可能となり、コストを抑えることに成功したのです。

TEIN FLEX Z トヨタ86用

TEIN FLEX Z トヨタ86用

TEIN FLEX Z

状況に応じ減衰力を自動制御するEDFC ACTIVE PROにも対応

TEIN FLEX Zには、EDFC(Electronic Damping Force Controller)」を組み合わせることができるのも大きな特長です。これはショックアブソーバーに取り付けられた調整ダイヤルで行う減衰力調整を、室内のコントローラーで簡単に行えるシステムで、手軽に乗り味を変更することができます。
このEDFCのハイスペックモデルが「EDFC ACTIVE PRO」。減衰力調整が4輪独立で可能になったことで、状況に合わせてよりきめ細かくセッティングできるようになりました。さらに、「車速感応」、「加減速G感応」、「旋回G感応」の自動調整モードのほか、この3つのモードを統合した制御モードも採用。マニュアルモードも加え、さまざまな調整を可能にしています。愛車の走りをより深く楽しみたいみなさん、TEIN FLEX ZとEDFC ACTIVE PROのコラボで、理想の走りを追求してみてはいかがでしょうか。

*EDFCは一部、非対応車種があります
*車両から車速信号をとれない場合や、すべての機能を動作させたい場合は、GPSキットが必要です。

コントローラユニット

コントローラユニット

モーター

減衰力調整用のモーターを装着

アライメント調整で本来のパフォーマンスを発揮

車高調はもちろん、足まわりを交換した際にぜひ行ってほしいのが「アライメント調整」です。タイヤやホイール、車高調など足回りのパーツ交換を行った場合、アライメントにズレが生じます。パーツ本来のパフォーマンスを発揮するためにも、アライメント調整が必要になるのです。

コクピットでは、プロのスタッフが測定機器を使って診断、調整を行い、快適な走りの実現をサポートしています。

アライメント調整
足まわりの交換時にアライメント調整は必要ですか?
TEIN FLEX Zの詳しい情報はこちら
車高調の装着・交換は、お近くのコクピットへ
関連記事を検索する
  • フリーワード