コクピットQ&A

一覧へ

Q

毎日乗る軽自動車の乗り心地が気になるのですが……。

クルマの乗り心地はタイヤでも変わると聞きました。さまざまな種類があるそうですが、軽自動車の快適性向上にはどのようなタイヤがおすすめですか。

A

車種や用途に合わせて選べるブリヂストンタイヤを用意しています。

走りの楽しさを満喫できるスポーツカーから、スペース効率を追求した車高の高いモデルまで、最近の軽自動車のキャラクターは一律ではありません。ブリヂストンタイヤには、さまざまなモデルにフィットする多彩な軽自動車用タイヤが用意されています。スポーティな走りを楽しめるモデルも含め、快適性に配慮したラインアップをご紹介しましょう。

REGNO GR-Leggera

快適性にこだわるなら、軽自動車専用の「REGNO GR-Leggera」

静粛性や乗り心地、運動性能などを高次元でバランスさせたREGNOに、ブリヂストン初の軽自動車専用タイヤ「REGNO GR-Leggera(レグノ ジーアール・レジェーラ)」が加わりました。軽自動車向け商品ラインアップの中で、最も優れた静粛性と快適な乗り心地を実現し、ワンランク上の快適な車内空間を提供します。また、ハイト系など多様化が進む軽自動車においても、車両のふらつきを最小限に抑えることで、優れた操縦安定性を実現しています。

REGNO GR-Leggera
REGNO GR-Leggera
REGNO GR-Leggera装着イメージ

スポーティな走りの楽しさを際立たせる「POTENZA Adrenalin RE003」

モータースポーツ用タイヤ開発で培った技術をもとに、高いブロック剛性と排水性の両立を図ったトレッドパタンを採用するPOTENZA Adrenalin RE003(ポテンザ アドレナリン アールイー ゼロゼロスリー)」。高速走行時から通常の街乗りに至るまで軽快なハンドリング性能を発揮し、ドライバーに走りの楽しさを提供します。乾いた路面のみならず、濡れた路面でのグリップ力も高度に追求したシリカ配合ゴムを採用し、雨の日のドライブもサポートします。

POTENZA Adrenalin RE003
POTENZA Adrenalin RE003
POTENZA Adrenalin RE003装着イメージ

快適性とライフ性能を両立した軽・コンパクト専用設計の「Playz PX-C」

運転時のハンドルのふらつきを抑制するブリヂストンの独自技術「非対称形状」を搭載したPlayz PX-C(プレイズ ピーエックス シー)。路面との接地を安定させ、運転中の細かなハンドル操作(操舵角の修正)を少なくすることでドライバーの運転中に無意識に溜まるストレスを軽減。これにより “疲れにくい”*を実現し、さらなる安全運転に貢献するタイヤです。また、「パワーサイド構造」の採用で、ハイト系軽自動車特有のふらつきを抑制しました。

*当社従来品対比(詳しくはカタログ・ホームページをご覧ください。)

Playz PX-C
Playz PX-C
Playz PX-C装着イメージ

雨に強く、長持ちする低燃費タイヤ 「ECOPIA EX20C & EX20C TYPE H」

タイヤに求められる重要な要素である低燃費性能、ウェット性能、耐摩耗性。これらの性能を高い次元でバランスさせたタイヤが、ECOPIA EX20C(エコピア イーエックス ニーマルシー)です。また、サイド部の剛性を強化することにより、街乗りから高速走行時までさまざまな場面において、車両の重心が高いハイト系軽自動車の車両の「ふらつき」を抑制する「ECOPIA EX20C TYPE H(エコピア イーエックス ニーマルシー タイプ エイチ)」も設定。

ECOPIA EX20C & EX20C TYPE H
ECOPIA EX20C TYPE H
ECOPIA EX20C & EX20C TYPE H装着イメージ

新車装着タイヤとしても高い評価を受ける「POTENZA RE050A」

往年のネーミングが復活したスズキ・アルトワークスをはじめ、オープン2シータースポーツとして人気の高いダイハツ・コペンなど、高性能軽自動車の新車装着用タイヤとして好評を得ているのが、「POTENZA RE050A(ポテンザ アールイー ゼロゴーゼロエー)」。乾いた路面から濡れた路面まで、操縦安定性やグリップ力を高度に追求したスポーツラジアルタイヤです。

このように多彩な軽自動車用タイヤがラインアップされていますが、もし「自分のクルマにはどのタイヤがピッタリなのだろうか?」と迷われたら、ぜひコクピットにご相談ください。お客さまのご要望に合わせたタイヤ選びのお手伝いをいたします。

POTENZA RE050A
POTENZA RE050A
POTENZA RE050A装着イメージ

タイヤ・ホイールを車軸の真ん中に取り付ける
独自技術“センターフィット”をお試しください。

ブリヂストンが特許を取得し、お客さまに提供する独自技術「センターフィット」は、走行中の振動が軽減され、ハンドリング、直進安定性、コーナリング性能の向上にも寄与します。
「B-SYSTEMセンタリングマシン」と呼ばれる専用機具を用いて、特殊な振動を与えながらボルトの締め付けを行うことで、均一かつ正確にタイヤの中心を車軸に装着。コクピットでタイヤ・ホイール交換を行う際には、ドライブをより快適にしてくれる独自サービスの効果を体感してみてください。
※センターフィットを施工する場合は別途料金がかかります。

センターフィット
センターフィットってどんなサービスですか?
ブリヂストンタイヤの詳しい情報はこちら
ブリヂストンタイヤに関するお問い合せはコクピットへ
関連記事を検索する
  • フリーワード