コクピットQ&A

一覧へ

Q

ホイールのセンターキャップって必要なんですか?

アルミホイールの中央にはブランド名などが書かれたキャップが装着されていますが、どんな役目があるのでしょうか?

A

ハブの保護だけでなく、個性的にお洒落が楽しめます。

センターキャップを取り付けていないと、ホイールを装着するハブが錆びやすくなります。そういった機能面だけでなく、見ためのアクセントとしても効果を発揮。「ECO FORME」のラインナップにはカラーキャップを装着できるモデルもあります。

ホイールのセンターキャップって必要なんですか?

幅広い車種に対応するECO FORME SE-12 & CRS12

ブリヂストンのホイールブランド「ECO FORME」シリーズには、多彩なデザインの9モデルが用意されており、豊富なカラーバリエーションとサイズラインナップもあいまって、さまざまな車種のカスタマイズにフィットします。ドレスアップに欠かせないスタイリッシュなアルミホイールとして幅広いカスタマーの支持を得ていますが、“軽さ”に対するこだわりもその特長。走る・止まる・曲がるを、より確実に、そして軽やかにすることも、ハイクオリティ・ホイールの大きな魅力です。

そんなECO FORMEのラインナップのうち、SE-12とCRS12に12色が用意されたオプションのカラーセンターキャップを装着できるようになりました。SE-12は、リムエンドまですらりと伸びた12本のスポークが大径感を演出するデザインを採用。ガンメタリックシルバーの落ち着いたカラーが足元をキリッと引き締めます。一方、CRS12はSE-12の進化版。塗装後に表面切削加工を施すことで、非切削面とのコントラストを強調させ、シャープな印象を演出したモデルです。

ECO FORME CRS12
ECO FORME CRS12
ECO FORME SE-12
ECO FORME SE-12

12色用意されたオプションキャップで小粋にカスタマイズ

ECO FORME CRS12とSE-12に装着できるオプションキャップは、グリーン、イエロー、オレンジ、レッド、パープル、ピンク、ライトブルー、ブルー、ブラック、ブラウン、シルバー、ホワイトの12色が用意されています。「選べるカラーバリエーション オプションキャップ」という正式な商品名が付けられているのですが、そのネーミングの通り好みの色を自由に組み合わせることができるのがポイント。ボディと同色系統のカラーをチョイスして統一感を持たせるのか、それとも対照的な差し色を選んで個性を主張するか……どんなふうに装うのかはあなた次第なのです。

デザインだけでなく、色にもこだわって選びたいアルミホイール。その選択肢に幅を持たせてくれるオプションキャップで、新しいカスタマイズに挑戦してみませんか。

オプションキャップ

タイヤ・ホイールを車軸の真ん中に取り付ける
独自技術“センターフィット”をお試しください。

ブリヂストンが特許を取得し、お客さまに提供する独自技術「センターフィット」は、走行中の振動が軽減され、ハンドリング、直進安定性、コーナリング性能の向上にも寄与します。
「B-SYSTEMセンタリングマシン」と呼ばれる専用機具を用いて、特殊な振動を与えながらボルトの締め付けを行うことで、均一かつ正確にタイヤの中心を車軸に装着。コクピットでタイヤ・ホイール交換を行う際には、ドライブをより快適にしてくれる独自サービスの効果を体感してみてください。
※センターフィットを施工する場合は別途料金がかかります。

センターフィット
センターフィットってどんなサービスですか?
ECO FORMEの詳しい情報はこちら
ECOFORMに関するお問い合せはコクピットへ
関連記事を検索する
  • フリーワード